コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

05-<< 06-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-
BLOGTOP »  【後手】相振り飛車

コーヒーくん 女子アマ強豪に挑戦

 久しぶりの棋譜紹介。
 先日行われた桜舞うトーナメントでの一局です。

 どうぞご覧ください。








 
 相手は強豪だったのですが、棋譜並べをしていた形だったので、自信を持って指すことができました。
 最後は詰みがあったようですが、勝利を優先して無難な形に。
 何とも自分らしい一局でした。

 コーヒーくんのカフェイン度数は「95」
 思い出に残る一勝は、格別の味ですね。


スポンサーサイト

コーヒーくん 一歩を犠牲に

 今日も竜王将棋研究会からの一局。
 かなりの乱戦になりましたが、自分なりの収束をすることができました。
 それではご覧ください。







 技の掛け合いから、部分的に左香が受からない形に。
 しぶしぶ一歩を犠牲に手数を稼いで、事態を収拾できました。
 気が付けば大きな手得となり、そのまま形勢に差が出ました。
 
 コーヒーくんのカフェイン度数は「90」
 将棋を初めて十年弱。少しずつ、いぶし銀の勝ち方ができるようになりました。

 新しい勝ち方を覚えた喜びに、オチオチ寝てもいられないですね。

コーヒーくん 思い出のウインタートーナメント 決勝戦

 いよいよ辿り着きました。決勝戦。
 何だか夢みたいです。

 対戦相手を確認すると二段の方。
 私より格上ですねぇ。むむむ…。
 
 でもここまで来たら、どうしても勝ちたい。
 五度目の対局で既に頭が回らないのですが、優勝に向けて気合を入れて臨んだ一局です。どうぞご覧ください。







 いやぁ…
 ボッコボコにされました

 それもその筈。
 普段指しなれない戦法に、出だし3手目でいきなりパニック 
 4手目から非常に激しい変化に突入し、お互いが死力を尽くす展開に。
 端角の手筋や5筋の歩をあえて取らせて龍を作る構想等、短い持ち時間の中でよく頑張ったと思います。

 しかし、そこは悲しいかな。一つの読みぬけが致命傷に。
 俗にいう「流れ弾に当たる」ってやつですね。
 そのまま一方的に押し切られる、悔しい悔しい敗戦となりました。

 感想戦では色々な指摘を受けました。
 やはり、この戦法を指しなれてのでしょうね。
 
 その後は表彰式。
 渡部愛ツアー女子プロが、賞状を手渡ししてくれました。
 
 「準優勝 コーヒーくん殿」
 この言葉を聞いたときに、「あぁ、今日は頑張ったなぁ。良いことあったなぁ」と感慨に耽っていたのですが、
 「以下、同文なので省略します!」
 と、バッサリ終了
 内心「ちょっと待てー」と思ったのですが、そこは優しく見逃してあげました(笑)
 
 最後に、皆で記念撮影。
 愛さんを中心に、記念の一枚をパチリ。
 頑張った成果が形に残ると、実感が湧きますね。

 コーヒーくんのカフェイン度数は「90」
 決勝戦らしい、負けても記憶に残る一局となりました。

 次は優勝に向けて決意を新たに頑張ります!

コーヒーくんのうる覚えの棋譜

 今日からは11月のジャンジャンマンデーの棋譜を紹介してこうと思います。

 と・こ・ろ・が♪
 今回紹介する対局。途中から棋譜が、どうしても思い出せない…

 社団戦でも星組で連勝を重ねる猛者との記念すべき棋譜なのに、どーしても思い出せませんでした。それもちょっとした理由があるのですが、そのあたりも含めてどうぞご覧ください。







 さて、どうして思い出せなかったかというと、ワシの玉が広すぎるのです。
 通常指された手には一手一手意味があり、それを手がかりに棋譜を思い出すのですが、ここまでスカスカに広すぎると指された意味合いが薄れてくるのです。

 「あーでもない、こーでもない」と棋譜を弄ってみましたが、もう無理。
 ムリムリ。むーりー
 というわけで、勘弁して下さい


 棋譜の内容については自分でいうのもなんですが、かなり良質の一局。
 それだけに、空白の終盤が悔まれます。
 どなたかこの難解な棋譜パズルを、解いてくれないかしら(切実)

 コーヒーくんのカフェイン度数は「99」
 完勝の内容なのに、棋譜の不備から、最後のワンピースが埋まらないジグソーパズルのよう。

 最後のピースはどこにあるのかしら。
 探し求めて、眠っているひまもありません。

コーヒーくん 穴を穿つ

 さて、今回も懲りずにインターネットサイト「将棋倶楽部24」での一局。
 センスがあるのかないのか、ちょっとよくわからない指し方ですが、一応自分の思い描いていた構想が実現した一局です。どうぞご覧ください。







 表題の「穴を穿つ」一手とは34手目の△7四歩。
 先手陣がギリギリの均衡保つ中、針の穴を空けるように放った一手です。

 その効果は想像以上に絶大で、こちらもビックリ。
 構想が実ってからは、相手陣はあっという間に崩壊しました。

 コーヒーくんのカフェイン度数は、成績優秀の「90」
 皆さんのご意見をお待ちしております。