FC2ブログ

コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

09-<< 10-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-
BLOGTOP »  飛車落ち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくんの対局日誌

 ひっさーーーしぶりの棋譜更新です。
 みなさんお元気ですか? (というかワシが大丈夫か!?)

 最近、横浜近辺で良く訪れる道場があります。
 横浜市ブルーラインの吉野町から歩いて一分。
 自宅からすぐに行けるので、体力的にもかなり助かっています。
 今日はその道場で「河口俊彦七段」の指導対局がありました。

 今回は久しぶりという事もあり、棋譜のコメントは付けてませんが、完勝譜と自信を持って言えます。是非ご覧ください。









 どうですか。
 爆発してるでしょ(笑)

 河口先生は対局中に46手目6六角を見て「これは良い手だ。」と本音を洩らしていました。そこからも大体、私の読み通りに進み、読みの着地点5一角成で投了されたのには、感慨深いものがありました。


 飛車落ちで対局を申し込んだときには「えっ!?飛車落ち!?」と、生意気な小僧に映っていたようですが、対局が終わった後には、
 「あなたは強いねぇ」
 「駒組みが違う。」
 と賛美のオンパレード。

 「今度は一対一で平手で勝負しよう!」
 と、余りあるお言葉を頂きました。 このセリフを聞いてしばらく感動していましたね。

 

 しばらく勝利の感慨に耽った後に、電王戦にゲスト出演されていた時の事をきいてみました。コンピューターの強さ、人間が負ける日、等々リアルな会話ができました。

 河口先生は将棋世界誌上で「対局日誌」を連載されたことで夙に有名ですよね。
 長年、若い才能を見続けてきたためなのか、時代を見抜く嗅覚を感じました。
 我々のように若い世代ならともかく、70を過ぎてこの感覚はなかなか持ち合わせることはできないのではないでしょうか。
 高齢でありながらも一歩先行く感覚にあふれ、先見の明にぐいぐいと引き込まれました。こういう歳の取り方をしていきたいですね。
 
スポンサーサイト

コーヒーくん 気分は上々

 今日も大野教室での一局です。
 大野先生に飛車落ちで勝利したので、意気揚々と植山七段との対局に臨みました。
 それではご覧ください。









 大野先生に続き、植山先生にも勝つことができました!
 局後の感想では「大局観が良い。ここぞというところで間違わない。」との事。
 なかなか言われる事のないセリフだったので、じんわりと嬉しかったです。

 この対局後には嬉しいニュースがたくさん。
 この日行われていたマイナビチャレンジマッチで、大野教室の生徒である和田はなちゃんが予選を突破したとの事。それもプロ棋士を二人も撃破しての、堂々の成績です。

 もちろん応援してはいたものの、ここまでやるとは思っていませんでした。
 まだ10歳ですからね。

 コーヒーくんのカフェイン度数は「90」
 何度か緩めていただいたものの、見事に勝ちきった一局でした。

 この日はプロに二勝。
 その上朗報も数多く、上機嫌の一日でした。

コーヒーくん 大野教室でマイナビ観戦

 6月2日の土曜日に、大野教室に行ってきました。

 この日は、マイナビチャレンジマッチの開催日でもありました。
 応援している棋士が出場していたため、正直一人で家にいては全く落ち着きません。棋譜中継も行われていなかったので、ただ待っているのではなおさら。我慢ならず、勢いよく家を飛び出し仲間達と過ごすことに決めました。

 どことなく身にまとった緊張感が、功を奏したのでしょうか。
 残せた棋譜は中々のもの。 それではどうぞご覧ください。 









 自分の力が存分に出せた一局。
 最近、武者修行に励んでいるのが、実を結んでいるのでしょうかね。

 そういえば、この対局中に、普段お世話になっている先生が予選を突破したと朗報が入りました。あたしゃ動揺して手が震えたよ。じ~んと来たなぁ。

 コーヒーくんのカフェイン度数は嬉しい朗報もあいまって、満点の「100」

 局後の検討でも、下手が大分良い事がわかりました。
 大野先生に自分の成長を見せることができて、嬉しい一局になりました。

コーヒーくん ミスで負けを悟る

 今回も大野教室での対局。
 植山先生に飛車落ちで教えていただきました。
 それではご覧ください。







 いつものように五筋位取り中飛車で挑みましたが、予想外の奇襲を受けて作戦負けに。
 その後調子よく捌ける目途は付いていたのですが、ミス一発で水の泡になりました。

 終局後は、実力を出し切れなかった悔しさがふつふつと込み上げてくる始末。
 せっかく、遠くまで習いに来ているので、こうした思いはしたくないものです。

 コーヒーくんのカフェイン度数は「75」
 プロに飛車落ちで勝ちたいと、今まで以上に強く思った一局でした。
 

コーヒーくん 残念無念

 今回は2月に訪れた大野教室での指導対局。
 これがねぇ… 本当に残念な一局。
 どう残念かは、棋譜を見て頂ければお分かりただけるハズ。
 それではどうぞ。







 ねぇ…
 残念でしょ。

 なんであそこで錯覚して、勝ちを逃すのかねぇ。
 プロには越えられない壁があるのでしょうかね。

 コーヒーくんのカフェイン度数は「90」
 口の中で苦虫を潰したような、悔しい敗戦でした。
 この悔しさをバネに、次の対局も頑張りたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。