コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

05-<< 06-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-
BLOGTOP » CATEGORY … 未分類

コーヒーくん 最大の危機を迎える

 どうもお久しぶりです。
 コーヒーくんです。

 本日、とんでもないことがバレました。
 このブログが、職場の同僚にバレました。

 いやー死にたいっす。
 楽になりたいっす。

 「コーヒーくんって、どうしてなんですか?」
 って聞かれた時には、目が点になりました。

 職場では、至って真面目で、誠実、クールに日々を過ごしていたんですが、
 ブログではねぇ‥‥
 崩れてますからねぇ‥‥

 これからの社会人生活が本当に不安ですよ。
 今まで積み上げてきたものが、ガラガラと崩れ去ったあの一瞬。
 今日という今日を、忘れることは出来ないでしょうね。

 またねぇ。。。
 バレた子が、可愛いんだわ。
 威嚇しようかとも思いましたが、先輩の奥さんでもあります。
 そんなこと出来ません。
 駄目、絶対!
 
 明日からどうしようか。
 そんな事を考えると、今夜も眠れません。
 コーヒーくん らしいですな。

スポンサーサイト

コーヒーくん 青島先生との二枚落ち

 こんばんは
 青葉で青島先生と二枚落ちで対局した時の棋譜です。

 普通の定跡にアレンジを加えてみたので、ちょっと面白い棋譜が残せました。
 こんな指し方も面白いですよ。
 二枚落ちのレパートリーに加えては如何でしょう。

 








 

コーヒーくん 普及について一考

 こんばんは
 週末に家族に会ってきました。

 月に一度しか会えない愛する娘。
 早めに仕事を終えた嫁ちゃんと一緒に、学童保育へ迎えに行くことに。
 普段迎えに行けないので、学童での様子も見れるとウキウキで娘と対面。

 娘は私が来たことにビックリしてたんですが、同時に私もビックリ。
 なんと娘が将棋してたんですよ!
 しかも女の子と!

 いやー嬉しかったですね。
 ほんと。

 家に帰ってからも楽しく将棋。
 どうやら ドはまり しているみたいです。
 
 どうしてなんだろう。。。

 娘に聞いてみると、学童でも将棋を指す子供が増えているよう。
 
 へぇ~~ ほぉぉ~~

 小学生ともなると、親よりも友達の影響が強いのでしょうか。
 私が教えるよりも、楽しく意気揚々としていました。

 つまり、大人は子供の種まきなんですね。
 種をまくだけ。 あとは子供自身で育てていく ということに気づかされました。

 成長も著しかったです。
 三手の読みができるようになってるし、玉も無敵囲いに囲ってました(笑)

 私が教えたことといったら、駒の並べ方と進め方。そして成ること。
 マナーも、もう少し教えたいところですが、遊んでるうちは大目に見ましょうか。

 家に帰って王様一つで、本気出してやってみたのですが、もう叶わない。
 飛車が成って、角が成って、と金作って。
 急に成長したのが如実にわかりました。

 学童っていいなぁ。
 学校と違ってある意味遊び場だし、変な話拘束時間も長いし。
 (親の都合で本当に申し訳ないですが)

 遊ぶ環境が子供を育てるって、こういう事だと実感。
 押し付けるより、よっぽどいいなぁって。

 私は娘に五年くらい前からゆっくり教えてました。
 駒の種類を覚えるのは意外とあっという間。
 駒の並べ方は半年くらいかな。
 動かし方を覚えるのには一年くらい。
 あとはずっと停滞してました。 三手の読みは出来てなかったですね。

 それが学童でハマってあっという間。
 かなり衝撃でした。

 
 色々、つらつら日記みたいに書いてましたが、
 普及について思ったことは一つ、二つと。
 
 まず学童での将棋普及をやること。
 小学校も良いですが、学童がより良いと思いました。
 駒の動かし方が記載された駒が、学童にあれば最高でしょうね。
 (はじめてのしょうぎセットとかね)

 もう一つは、大人は駒の種類と動かし方を教えれば十分な事。
 棋譜の読み方とか、作戦とか定跡とか要らないんですね。
 子供たちが自分で課題を見つけるまでは、教えなくていいですね。

 一手詰めも何となく分かってきます。
 そうすれば立派な将棋ですから。

 親はじっと我慢して、きっかけを待つばかり。
 3月のライオンも見てくれているから、その影響も大きそうです。

 あれこれ親が言うより、3月のライオン。
 ぶーすか親が言うより、学童での遊び将棋。

 楽しんで駒を動かす娘を見て、親も成長した週末でした。

コーヒーくん 24名人戦 9日目

 こんにちは
 24名人戦 手強いです。
 みんな強いねぇ。

 〇第二十六局
 右四間飛車左美濃 対 四間飛車  ※ 反転推奨
 








 いぶし銀の右四間飛車を相手にしました。
 この戦型の使い手は、大抵職人。
 「嫌だなー」と呟きながらの対局でした。

 私の記憶が正しければ、四間飛車名局集には決定的な対策があるとのことでした。
 本譜のように、△4三銀型で待機すること。
 相手が▲4五歩と突いた時に、△5四歩と突くことです。
 
 その成果か、序盤では不利にならず。
 そこからが問題でした。とにかく攻めすぎ。
 もう少し攻守のバランスを意識しないと勝てないですね。
 
 こちらのミスは74手目△6九銀。
 ここは△5三桂成で互角を保てていました。
 相手の大ゴマの活躍もあり、やや不利を自覚していたのですが
 まだ厳しく迫る手もなく、そうでもないみたいです。

 苦しくなって少し罠を仕掛けた局面があります。
 101手目に喜んで▲5二飛成とすると、△8九角~△5五桂がスパーク。
 本譜は見事に看破されて、後は指してるだけになってしまいました。
 破壊力あるよね。右四間飛車。私は嫌。。。
 
 〇第二十七局
 相振り飛車 向かい飛車 対 三間飛車  ※反転推奨
 








 大作戦負けから粘っこく指すも、砦が持たなかった一局。
 まず、矢倉に組ませないことが根本にあるこの作戦で、
 思いっきり矢倉に組まれてしまう、この体たらく。。。
 突撃した銀を引っ込めざるを得なかったあたり、駒組みのセンスなしです。
 
 2筋の位を取りに行ったのが悪かったのでしょうか。
 相手が3筋の歩を謝らない突っ張った指し方をしてるのですが、
 その咎め方が分かりませんでした。

 本譜は▲3八金と上がったのに、2筋を攻めるのは筋悪。
 この辺りが原因で作戦負けになったのは間違いないのですが。

 その他、余計な端で利かされたのは痛かった。
 相振り飛車はこの辺が複雑です。
 早く相振り飛車名局集でないかしら。

 感想戦では100手目に△7八銀不成が指摘されました。
 めちゃくちゃ好手。

 劣勢は否めないのですが、これが一番粘れた。
 このあたり、作戦負けが響いて時間がなかった。
 これを見つけていたらと思うと、残念でなりません。


 この日は2連敗。
 通算でも負け越しに。

 うぉーーーーん。
 悲しいよぉ・・・・。
 おろろーーーん。おろろーーーん。

 手ごたえがあるのか、無いのか。
 五里霧中の最中、暗中模索。 (暗ければ霧も関係ないのですが。)
 こういう時には、指導対局で懸案を解消したいです。

コーヒーくん 24名人戦 8日目

 どうも
 コーヒーくんです。

 すっかり負け癖が付いてしまった感があります。
 とりあえずゆっくり寝てから、緊張感を持たせて指しました。
 どうぞ見てください。

 〇第二十四局
 石田流 対 玉頭位取り模様
 







 
 これを負けるかといった対局。
 最後の寄せ、▲5六桂で詰みがあったんですよね。
 終始優勢で迎えたんですが、最後の着地に大失敗。
 
 綺麗に捌けてはいるんですよ。
 今大会、随一の捌きだと思ったんですが、負けるって・・・。
 相手に勉強させただけの一局になってしまいました。

 詰将棋大事ですね。

 〇第二十五局
 居飛車穴熊模様 対 後手藤井システム
 








 100点満点中、80点の一局。
 穴熊に迫る際に、98手目7八金と打ってしまったのが緩手。
 ここは7八銀と迫るのが正解。

 小ミスから混乱し、紛れている流れ。
 最後は9筋の突き越しを活かして勝ち切ることができましたが、
 課題が残りました。

 でも76手目▲8二玉が指せたのは、実力が付いているかなと。
 戦いの中で玉を囲うのは、それなりの高等技術ですからね。

 
 この日の成績は1勝1敗。
 及第点ではありますが、詰みを逃して負けたので悔しいですね。

 来週末で予選も終了。
 決勝に残って、強い人たちと対局したいです。