FC2ブログ

コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

07-<< 08-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-
BLOGTOP » CATEGORY … 次の一手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん 次の一手解答 黒沢先生との二枚落ち

 こんにちは
 次の一手ほったらかしにしてました。
 ホントすいません。

 手早く解答図
 〇解答図
 20170702-黒澤先生

 この手の意味は、参考棋譜を見てみると分かりやすいと思います。
 綺麗に必死が掛かり、とても爽やかな勝ち方になりました。

 まぁここで決めないと、紛れちゃうんですけれどね。
 二枚落ちとは言え、一瞬危険な橋を渡らないとやっぱり勝てないです。

 この手は相当気づきにくく、黒沢先生も見落としていたとの事。
 教室の後には、わざわざ声を掛けて頂き、絶賛してくれました。

 将棋ファンとしては幸せでしたね。
 良い手を指して、棋士から褒めてもらえる。
 それだけで、それだけで。
 
 〇参考棋譜
 








スポンサーサイト

コーヒーくん 金沢文庫 次の一手解答

 こんにちは
 たくさんのコメントありがとうございます。

 2件もコメント付きました。
 (内、一つは自分の返信)

 さて、解答編です。

 〇第一問 カッコいい詰み
 20170528_2.gif

 解答図
 20170604_2.gif

 これ以外にも詰みはあるんですが、粘着力のある力強い手で勝てました。

 〇第二問 気持ち良い手
 20170528.gif

 解答図 
 20170604.gif

 バッサリ馬を切って桂打ち。
 でも▲4七歩の方が本筋なんですよね。

 本譜は相手は受け間違えて決まった感じです。

 次の一手としては厳格性が足りなかったですかね。
 まぁ浮かれてたので許してください。

コーヒーくん 金沢文庫 休日トーナメントで優勝

 どうも
 コーヒーくんです。

 久しぶりに金沢文庫将棋サロンに行ってきました。
 相変わらず快適な空間で、居心地良かったです。

 日曜日という事で、自動的にトーナメントにエントリー。
 突然だったので、何か気合が少し足りない気もしたのですが、
 いきなり優勝できました。

 只々ビックリ。
 
 賞品として、図書カードを頂きました。
 席料より高くて、これまたビックリ。
 罪悪感が出てくるほど驚きました。

 もう少し図書カードを溜めて、中飛車名局集を買うんだ。
 (この戦争が終わったら、故郷に帰って彼女と結婚するんだ風に言ってみました。)

 さて、対局で面白い手が指せたので次の一手を出題します。
 気楽に考えてみてください。
 ちなみに「指した手が最善手」という神聖な心得を忘れないでくださいね。

 〇第一問 もつれた終盤、一番派手な手で入玉形を寄せる。

 20170528_2.gif

 〇第二問 超気持ちの良い次善手。

 20170528.gif

 解答はコメントがたくさんついたらにします。

コーヒーくん 線と点の大局観から次の一手 解答編 ~青葉将棋道場~

 どうも コーヒーくんです。
 皆さんお元気ですか。

 私はですね。
 「バレンタインデーに」
 「ランドマークタワーで」
 「嫌な思いしました。」 

 さて、気を取り直して次の一手 解答編。
 問題図の再掲

 〇問題図

 170213 Question

 角が8六と覗いて△5三角成を見せてきた局面。
 私は角のタダ成りなので、それ程厳しくないかなぁと見てました。
 よってここは手薄になってる2筋を攻めるのが本筋。
 つまり▲2四歩 ▽5三角成 ここまでは順当。

 そこで森内先生が示した手が、▲5二金右!

 〇解答図

 170213 Answer

 先手を取って、歩も取らせないとなるとこの一手しかないですね。
 思わず 「勉強になりました。」 と、素直に感謝をお伝えしてしまいました。

 いや、こういった手。先入観が邪魔するんですよね。
 一瞬で見える森内先生。 凄いなぁ。
 当たり前なんだけれど、凄いなぁ。

 さて、感想戦は終わりません。
 解答図からさらに見てみると、

 ▽8六馬 ▲2五歩 ▽3五歩 ▲同歩 ▽同飛
 ▲2四歩 ▽3三桂 ▲2三歩成 ▽2五飛 ▲3二と!
 
 170213 Answer2

 森内先生は、この局面を空で噛みしめ
 「かなり振り飛車良いですね!」
 とおっしゃいました。

 私はうーーーん。と唸ります。
 数学的に点数化すると、銀得なのでこちらが良い事はわかるのですが、
 この後の方針がわからない。

 そのことを、内心恐る恐る質問してみると、
 「ええ。そうですね。だから戦いながら模様をよくする感じです。」と回答。

 何か、さらっと超高等技術を言われてる気もしましたが。
 こちらは受け主体で戦っていくという事なのでしょうか。

 森内先生は「将来的に6四歩と突きたい。」と、そっと駒を動かします。
 (なお、かなりセクシーな手つきでした。)

 でも、その感覚が分からなかったですね。
 その意図が組めない。 うーーーん。
 右玉のようにヌルヌルと戦うってことなんですかね。
 わからないなぁ。。。

 青空に浮かぶ雲を眺めるこの感覚。
 高みはどこまでも高く。
 
 一つ言えることは、まだまだ勉強しないと分からないことは多い事ですね。
 点と線を組み合わせる大局観、学ばせていただきました。

 ではこの辺で。
 次は24名人戦から何局か。

コーヒーくん 髪の毛逆立て考えた 次の一手 ~解答編~

 どうも
 コーヒーくんです。

 今日は次の一手、解答編。
 どうです? 皆さんは髪の毛逆立てましたか!?
 まずは問題図をみてみましょう。
 
 〇問題図 再掲

 170206_Question.gif

 ヒントに合った通り、ここで何かないと手が途切れてしまう。
 でも ▲3二馬 △同龍 ▲4二金 は △3三龍が と金に当たり、一気に切れ筋。
 敵陣に馬が効いているのも、かなり大きいですね。

 かといって、▲5三と は △3一金 でそれこそ切れ筋。
 正直、負けかなぁー (レート差もあるし。。。)
 と思ってましたが、この一連の手順を発見!

 ▲7三と △9二龍 ▲8三と △6二龍 ▲6三歩

 〇解答図 

 170206_Answer.gif

 と金が玉から離れる異筋の着手ですが、△同龍には▲3二馬 で食いつけそう。
 相手は受けに適した駒がないので、ちまちまやってたらいずれ寄りそう。
 ということで、実戦は解答図から △3四金 ▲6二歩成と進みました。

 コメント頂いた、俊さん 大正解!!
 俊さんには簡単でしたか。
 
 皆さんはどうでしたか。
 楽しんで頂けたら幸いです。

 次回はこの対局を少しだけ詳しく見せたいと思います。
 優しく解説できると良いなぁー。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。