コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

05-<< 06-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-
BLOGTOP » CATEGORY … 青葉

コーヒーくん 青葉将棋道場で学生名人に善戦

 どうも
 せっかく書いた記事が全部消えた、悲しいコーヒーくんです。
 全く同じこと書いていきます。 何か恥ずかしいです。

 先日、青葉将棋道場で五連敗を喫しました。
 今回はそのきっかけとなった一局を紹介。
 (随分とタイトルとかけ離れたこと書いてますが)

 というのもね。
 青葉のスタッフさんともすっかり仲良し。飲みに行った間柄です。
 可愛いスタッフさんが小悪魔顔で、強豪との手合いを付けてくるんですよ。 これが。
 困ったもんですが、可愛いから許します。 しょうがないです。

 で、この日はご新規の六段さんとの対局からスタート。
 はて!? 青葉って最高四段からのスタートじゃなかったでしたっけ!?

 手合いカードをみるとお名前は「浅倉さん」
 この文字列、どこかで見たことがあるような…

 「どうやったら六段になれるんですか? 全国優勝でもしたんですか?」と尋ねると
 「学生名人を……取りまして……」

 しばし絶句したのち。。。
 「あー やっちゃいましたかーーー 」
 と軽めのアイスブレイクを交わしての、対局開始です。

 頑張ったんですよ!ぜひ見てください!
 








 まぁ… 頑張りましたよ。。。
 入玉模様を強くなりたいね。

スポンサーサイト

コーヒーくん 点と線の大局観から次の一手 ~青葉将棋道場~

 どうも
 コーヒーくんです。

 先週末に青葉将棋道場に伺いました。
 相変わらず幸せな空間でしたね。
 
 この日は、目下13連勝の四段の学生さんと手合いが付きました。
 対局前に 「わかってるね!?」 と軽くプレッシャーを掛けたのですが・・・

 惨敗!  あいつ強えーよ

 その感想戦を、森内先生に加わっていただきました。
 本当に、本当に、贅沢です。 申し訳ないです。

 まずはこの局面。

 

 私は 「いやーうまく指したと思ってたんですが。」 と悔し紛れに呟いたのですが、
 森内先生は軽く笑みを浮かべて一言。

 「馬を作られて歩損なんだから、良いわけないじゃないですか(笑)」
 
 おー よしよし。 アマチュアのコーヒーくんは、ほんと可愛い事仰るねぇ。
 と言わんばかりの神様に見える森内先生。
 なんだかプロの母性本能くすぐってしまったみたい。 恥ずかしかったなぁ・・・

 確かに、この局面。
 じーーーっとみるとこちらが劣勢。
 というか、敗勢。

 どうしてこんなに大局観が狂ったのか。
 それは以下の局面で手ごたえを得ていたんですね。それが問題図。

 〇問題図

 170213 Question

 先手が7七の角を覗いた局面。(先後逆表示)
 この手がやや緩手だなと感じ取り、ペースを握ったと思ったんですね。
 そこからの流れで、こちらが優勢になったと勘違いしていたわけ。
 
 さて、ここからの正解手をお答え頂きたい。
 三手先を正確に読むことができたら、正解とします。

 腕に自信のある方は、その先も。(問題図から十三手程)
 「かなり振り飛車が良いですね。」
 と森内先生が太鼓判を押した局面になります。
 
 四段同士の対局に隠された変化なので、四~五段問題ですかね。
 ぜひ挑戦してみてください。
 最初の局面がヒントになると思います。

コーヒーくん 青葉将棋道場で修行

 どうも。
 A級順位戦、八回戦に釘付けのコーヒーくんです。
 現時点で愛する森内先生の勝ち、すっかり放心状態です。

 さて、そんな真っ白な中、まずは次の一手を。
 正解は最後に。

 〇次の一手
 170202.gif


 さて、すっかりルーチンワークとなった青葉将棋道場。
 先週末も行ってきました。(ちなみに先々週も行きました。)
 
 この日は印象に残る対局が二局。
 一つはスタッフさん KEIKENさんとの二枚落ち。

 「一度やってみたかったんです! 勝ちますよ!」と高らかに宣言されてしまい、
 こっちも試合モードから、戦闘モードにギアを切り替えました。

 棋譜は残さないものの、すげー強かったですよ。
 よく勉強されてるし、筋も良かったです。

 そんなKEIKENさんが対局中、「すごいなぁー」と漏らしていたのが、
 実はとても誇らしかったりします。
 また、指しましょうね。(戦闘モードで)

 
 さて、もう一つの対局。
 ご新規さんの初段との角落ちです。

 結果は負けてしまったのですが、感想戦では森内先生から貴重な意見を頂けました。
 森内先生は必ず負けた側を持って、検討してくださる。
 「ホンマに森内先生の優しさは五臓六腑に染み渡るで。」

 今回残したいのは、その感想戦からポイントを何個か。
 








 この一連の流れ。
 「私はミスしてしまった。」と漏らしたところ、
 森内先生は「普通じゃないですか。」と涼しい顔。

 相手の金の効率が非常に悪いため、うまく捌けたという判断なんですね。
 確かに、ここから進めてみて、そんなにスピード勝負では負けてない印象でした。
 まぁ、負けたんですが。
 この辺りの大局観が、プロとアマチュアの違いですね。
 非常に勉強になります。
 
 お次はこの局面。
 







 
 何てことない手順ですが、私は指せませんでした。
 なぜなら「飛車は敵陣に打ち込むもの」という先入観があるから。
 盤面広く見ないといけないですね。

 この手順で、こちらが勝ちになって良そうだと森内先生は指摘。
 確かに、桂馬が攻めに連動しそうで、厳しいですね。


 さて、最後は次の一手の解答。
 感想戦で私が示した一手です。
 正解は▲6八歩

 〇次の一手 解答
 170202-2.gif

 どちらの金でこの歩を取っても、8四の桂馬が攻めに連動。
 後手は△7一金の一手ですが、露骨に銀を打ち込んで攻めが続きます。
 
 対して、こちらの玉は安全度が高い。
 △5二角と打ち込む手段が最有力ですが、手駒を渡すので反動が大きいです。


 実は、この一手を示したところ、森内先生が身を乗り出したんです。
 その後「厳しいですね。」の一言。

 ものすごく嬉しかった。 そしてほんの僅かですが、自信になりました。
 森内先生に自分の考えをぶつけることができる、この幸福感。
 本当に良いんでしょうか、私。 罰当たりな行為をしている気分になります。

 そうこうしている間に、A級順位戦ラス前は終了。
 続く最終戦。 私は全力で応援させていただきます。
 先生の力になって欲しいな。
 
 =============================
 〇参考棋譜
  






コーヒーくん 青葉将棋道場で惨敗

 昨日は青葉将棋道場で瀬川先生の指導対局を受けてきました。
 相変わらずの飛香落ち。
 そして相変わらずの負け。
 まぁ見てくださいな。
 








 瀬川先生はかっこよかったですね。
 「連盟の瀬川さん」そのままと言った感じですね。
 落ち着いていて、淡々と指されてました。

 感想戦では嫌な所を突いてきてますね。と褒められるものの、香車がいないことが上手の得になっていることや、こちらの攻めが決まらず駒損が響くなど、手のうちで踊らされた内容でした。

 うーーーん。
 はたして、私は強いのか、弱いのか。

 その後の一般対局では玉頭位取りを相手にしました。
 「気づいたら飛車がいなかったですね。」
 なんて森内先生に感想を頂いたほど酷い負け方をしたんですが、面白い指しまわしをプロの実践例から教えて頂きました。
 







 
 居飛車の陣形が完成していない間に、飛車を見捨てる驚愕の手順。
 「高美濃でも飛車を捨てていいんだなぁ」と大局観を学びました。
 5筋の歩が切れているからかなぁ。


 この日の青葉戦歴は結局3連敗。 そこに、力及ばずの指導対局も小鉢に添えて。
 悲しくも実りのある一日でした。

 そういえば、佐々木大地先生もお見えになり、和菓子を御馳走になりました。 
 知人の初心者女性に、丁寧な感想戦を行っていたのが印象的。

 知人の対局者は、何と漫画家の松本渚先生でした。
 代表作は「盤上の詰みと罰」
 近々「将棋めし」が発売されるそうです。

 対局終了後にお話すると、非常に快活。
 一応四段で指していると伝えると「先生!!」とお辞儀されてしまいました。
 また来てほしいな。

 色んな先生が同じ空間にいる、楽しい一日でもありましたね。

コーヒーくん 新年一発目の青葉将棋道場 ※お得情報あり

 こんばんは
 今日は新年一発目の青葉将棋道場に行ってきました。

 やっぱり楽しかったですね。
 森内先生もいらしてお話もできたし、将棋も沢山負けたし。 < ム!?
 
 私が軽口叩くと、森内先生やスタッフの方々も笑ってくれる。それだけでいいんです。
 いいんです!!

 将棋の内容ですが、負けても納得できる将棋が多かったです。
 納得できない内容も無くはないですが、得るものが多ければいいんです。
 いいんです!!

 最近、森内先生の書籍を読み漁っているのですが、確実に効果が出ていますね。
 何度も書いてますが、やはり「森内流 終盤の技法」が確実に血肉になっています。
 まぁ、そりゃ当たり前なんですが。

 効力は、攻め急がなくなる。受けの手が見えるようになる。局面の急所がわかる。
 納得のいく対局では、負けても対局者に褒められることもあり、自分の努力に間違いがないことが確信できました。

 ちなみに最近のテーマは 「森内俊之にオレはなる」 です。
 (石を投げつけないで下さい)

 さてそんな、青葉将棋道場
 新春キャンペーンを行うようです。

 お友達を紹介で、席料1000円のところ半額の500円になります。
 ワンコインで森内先生とお会いできるという事ですね。
 (まぁ、通常1000円でお会いできるとも言えますが。。。)

 やや遠方の方でも、軽く電車賃が浮くことになります。
 都内の方も、この機会にぜひ訪れてみては如何でしょうか。
 
 子供に優しく語り掛ける森内先生。本当に素敵ですよ!
 興味がある方は、ツイッターに連絡くださいね。