FC2ブログ

コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

07-<< 08-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-
BLOGTOP » CATEGORY … 日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん 涙・涙・涙

 今日は泣いた。
 泣けてきてしょうがなかった。

 本当におめでとう。
 本当に頑張った。

 久しぶりにブログ書きたいな。と思ったけれど、上手く綴れない。
 何から書いていいかもわからない。
 だから、思いついた事を、ドンドン書いていこうと思う。

 
 ”彼女”を初めて知ったのは、LPSAのアマチュア大会。
 各ブロックの予選を勝ち抜き、当時駒込のサロンで決勝大会が行われた時。

 当時は成田弥穂さんが、プロ棋士を次々になぎ倒し、
 女流棋界にアマチュア旋風を巻き起こしていた。
 その大会で”彼女”は残念ながら負けてしまったものの、
 インタビュー動画では非常に悔しそうにしていたのを覚えている。

 その時の印象は「強くなりそうだな。」と純粋に思った。
 
 優勝者もそれ以外の参加者も、全国大会まで出て、
 プロ棋士の前で将棋を指せれば、そりゃ嬉しい。皆笑顔。
 でも、彼女だけは自分の実力を出しきれずに、
 納得していない表情を浮かべていたからだ。
 
 「根性ありそうだな。 良い原石かもしれないな。」
 そんな感じで、妙に印象に残った。


 それから、色々な困難に見舞われながらも、”彼女”はタイトルを獲った。
 これが泣かずにいられるか。

 浴びるほど飲みたい。
 叫ぶほど泣きたい。

 
 LPSAのアマチュア大会から程なくして、彼女はLPSA所属のツアー女子プロになった。
 その頃から”彼女”はブログを書き始め、ファンとの交流も仕事となった。

 私は、よく記事を読んでコメントしていた。
 まだまだ新人の棋士らしく、色んなものを勉強し、吸収していた。

 振り飛車党だった”彼女”が、居飛車の勉強を始めたのもこの頃で、
 本当に基礎の基礎から勉強していた。
 半端な努力じゃ務まらないだろうなぁと、少し同情めいた気持ちも湧いたくらい。
 それでも、若さをバネにすくすくと成長していった。


 そんな”彼女”は、不幸にも時代の流れに、翻弄されたこともあった。
 あまり詳細は書きたくないが、彼女の存在意義すら否定されかかった時があった。

 当時、”彼女”はLPSAのサロンで、定期的に指導対局を行っていた。
 いつも元気よく、笑顔で我々に接してくれていた彼女も、
 この時だけは、少し参っていた。
 
 そんなときでも、我々に頑張って、笑顔を向けてくれていた。
 痛々しさすら感じた、あの笑顔が忘れられない。
 
 才能があり、努力している一個人の”彼女”を、追い詰めている状況が許せなかった。
 一ファンとして無関心を装い、「頑張れよ!」
 と、声を掛けることしかできなかったが、
 それが最善だと信じ、乗り切れると待つよりなかった。

 そして乗り切ってくれた。
 年上の私が、誇りに思うくらい、”彼女”は乗り越えてくれた。


 いつだったかの指し初め式で、彼女と話したことがあった。
 困難な状況にある中、新年ということもあってか、
 意気揚々と「頑張ります!」と話し掛けてくれた。

 私はお節料理の箸を止め
 「でも、メンタルも大切だからね。」と一言だけ答えると、
 急に緊張感のある表情で 「そうですね。」 と返していた。

 そこから急に距離が縮まったように思う。
 単なる好奇心から応援しているのではなく、
 純粋に”彼女”を応援しているのだと、わかってくれたんじゃないかと今になって思う。

 
 そこからはほんの少し、相談にのるようになった。
 っつったって、ほんのほんの少しだけ。

 「周りが変わらないなら、自分が変わるしかないよ。」
 と何気なく話したら、根性出して検討室にお邪魔したと話していた。
 
 周りの棋士は一瞬ビックリしたらしいが、結局は受け入れられたらしい。
 職人基質の為せる技で、やはり将棋にルールは一つだと思った。
 受け入れてくれた棋士の方々には、感謝したい。

 
 ”彼女”が棋戦に出場してからは、躍進が始まった。
 さすがに実力者の壁には苦戦していたが、それでも一発入れることもあった。

 将棋世界での評価も高かった。
 「才能を感じる」と九段の先生が評してくれたのは、嬉しかった。
 ”彼女”も自信になったと思う。

 活躍してからは、彼女の環境も安定していった。
 仲間ができることは大きい。
 女流仲間とも交流が増え、切磋琢磨している話を聞けたときは嬉しかった。

 NHKでの聞き手を一年間も努め、知名度や人気は全国区となった。
 おじさん、ちょっと寂しかったけれど、それでもやっぱり嬉しい。
 羽ばたいてるなぁと微笑ましかった。

 
 今年、”彼女”はタイトル戦への出場が決まった。
 ついに、来たと思った。
 流石に興奮した。

 初めてのタイトル戦の棋譜は”彼女”らしかった。
 研究量が感じられ、作戦家の一面を感じた。

 緻密な駆け引きでリードを奪う所など、老獪さがあった。
 「強くなったなぁ~」と感心した。


 第二局は、里見さんの寄せが凄かった。
 王者に揉まれてるな。 やはりタイトル戦だな。 と強く感じた。

 ”彼女”の長所も短所も、存分に出た内容。
 全力でぶつかってる姿勢が挑戦者らしく、間違いなく棋士人生で最良の経験だ。
 
 第三局は、”彼女”一番の名局と言っても過言ではない。
 こんな将棋させたら、誰も勝てないと思うんじゃないかっていうくらい完璧だった。
 芸術性を感じる一局。

 第四局は、形勢が何度も入れ替わる、激闘の名局。
 全身全霊、ぶつけているんだなぁ。 と棋譜から伝わる。

 中継で”彼女”の姿を見ていると、涙が出てきた。
 宏美さんとか、島井さんとかも、やっぱり泣いてた。


 検討は熱を帯び、期待も高まる。
 決め手の飛車寄りが見えて、”彼女”もそれを指した。

 私の指し手が当たって、ちょっと心配になったが、どうやら正着だったらしい。
 そのまま勝ちきり、タイトル奪取。
 夢のような瞬間だった。


 帰りの電車ではTwitterは大盛り上がり。
 新聞記事には、「新女流王位」の文字が躍る。
 
 心が揺さぶられる。

 感無量。
 この一言に尽きる。

スポンサーサイト

コーヒーくん 絵本パーティーに出席

 こんにちは
 カフェイン多め、やや興奮気味のコーヒーくんです。
 
 というのも、先日、パーティーに招かれました。
 招待状を頂いた時には、
 「本当に良いんですか!?」と何度も聞き直した記憶があります。
 
 招待状を見ると、
 将棋の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん」出版記念パーティー
 と題されてました。

 LPSA所属の中倉彰子女流初段とフリーアナウンサーの福山知沙さんが、
 将棋を題材とした絵本を講談社から出版するとのこと。
 それを記念してのお祝いでした。

 私はてっきりファンの集いだと思っていたんですよ。
 だって私、一ファンですもの。
 何にも持ってない平凡の凡々ですもの。
 久しぶりにみんなに会えるなぁと、気軽な気持ちだったんですよ。

 でもねぇ。
 蓋を開けてみると何だか様子が違う。

 だって矢内先生がいたんだもん。
 佐藤紳哉先生が受付に並んでたんだもん。
 深浦先生が悠然と佇んでたもん。

 あれ!?
 あれれ!?
 ・・・・・・なして!? (南部弁)

 これは大変なことになったぞと。
 か…覚悟を決めて会場入りしました。

 この日は (覚悟を決めて) たくさんの人とお話させて頂きました。
 そして棋士の方々の交流を垣間見ることができました。
 ファンとして貴重すぎるくらいの体験でしたね。

 印象に残るのは、福山さんの挨拶。
 絵本を世に出すことは非常に大変だという事。シミジミ伝わりました。
 そんな記念にお呼ばれするのは、本当に光栄です。
 ありがとうございます。
 
 読売新聞の西條記者とも、お話しました。
 将棋を題材にする絵本は前例がないこと。
 将棋連盟は伝統を担い、LPSAは前衛的に魅力を伝えること。
 深い話だなぁと聞き入りました。

 もちろん棋士の方とも。
 佐藤先生とは少しだけ歓談。
 正直、思ってた通り少し引っ込み思案でした。(営業妨害かな)

 深浦先生とはフットサルの話をほんの少し。
 私が「フットサルが好きだ」とお伝えすると、一気に目が輝きました。

 ニコ生でのフットサルイベントを見たところ、深浦先生が一番旨かったですよ。
 チームの底で、相手選手との距離が良かったなぁ。
 もっとサッカーについて、お話したかったです。

 矢内先生はお子さんのお守りで大変そうだったので、ご主人と少しだけ会話。
 清潔感溢れる好印象で、一ファンとして勝手に敗北感が。。。
 しょうがないよね。 テレビでしかあったことないもんね。 俺。
 
 もちろん中倉彰子先生ともお話。
 株式会社ホジョセンの代表取締役 高橋さんとの兼ね合いも絶妙でした。
 良好な関係が築かれているようで、是非、あっこ先生をサポートして頂きたいです。


 肝心の絵本の内容ですが、これは皆さまに購入して頂くとして、
 制作エピソードもたくさん披露されました。

 「金」と「銀」は、はじめは男の子だったのが、女の子の姉妹に変更された事。
 「香車」はラフ絵では、おばちゃんが自転車に乗っていたキャラだった事。
 あのラフ画はいい味出してました。

 私が好きなキャラは、スマートになった「香車」のきょうこ。
 髪をなびかせる「くノ一」のキャラクターで、疾風感溢れていました。

 絵本の読み聞かせ動画もお披露目。
 中座真先生も声優を務められていました。
 なんか、その背景まで透けて見えるようで・・・。(以下省略)
 
 
 話は変わり、私事。
 実は私、学生時代に人形劇団サークルに所属していたのですが、
 その際、随分と絵本を題材としました。
 
 絵本の出版の次は人形劇で、将棋を広めてくれたらなぁと思います。
 きっと動き方もダイレクトに伝わるし、劇として子供達も喜んでくれるよね。
 更なる発展を期待しています。

 最後に記念の一枚。
 笑顔が固いコーヒーくんと美人お二人のツーショットです。
 これもいい記念です。

 syogi_adventure.jpg

コーヒーくん 隠れた名著を読破!

 どうも。
 コーヒーくんです。

 最近Twitterでは色々呟いていたのですが、最近森内先生の書籍を読み漁っています。
 この歳で強くなるためには、情熱が不可欠。
 憧れの棋士に思いを投影しながら、着実に実力を付けていきたいところです。

 今回紹介するのは「森内流 終盤の技法」です。
 moriutiryu.jpg
 
 森内先生の実践例150局を厳選し、終盤の詳細を解説した贅沢な一冊です。
 それだけに最重量級の内容。
 サブタイトルとして ~読むだけで身につく~ なんてありますが、
 流石に読むだけでは理解ができませんでした。

 なので、地道に棋譜並べ。
 せめてもの効率化を図ろうと、局面図を一つ一つ作成し、
 コツコツiPadで並べていきました。
 
 一つの局面でおよそ20~30分程。なので最低でも、50時間掛かるんですね。
 具体的に数字にすると、若干引くなぁ。。。
 我ながら良く頑張ったな…… 
 
 なので、電子化したデータをブログに載せようかと思ったのですが、
 残念ながら出版元から許可が出ませんでした。
 局面図だけでもデータがあれば、爆発的に読みやすくなるので、
 将棋ファンの購買意欲も高まるかと思ったのですが、残念でした。

 まぁそれはさておきですね。
 とにかく森内先生の強さに触れる事ができます。
 解説の中で 「強い。」 と一言だけある一文が特に記憶に残っています。

 出版社の木本書店は、森内流以外にも羽生流や佐藤流も販売しています。
 正直高段者向けの内容ですが、有段者が殻を破るにはちょうどいい刺激になります。
 苦労した分、得るものも大きい一冊でした。


コーヒーくん アマ王将に挑戦

 こんばんは

 今日は青葉将棋クラブの道場イベント。
 アマ王将に挑戦! に行ってきました。

 アマ王将と10分切れ負けのガチンコ勝負ができる、最高に贅沢なイベントでした。
 青葉将棋道場を訪れたことをきっかけに、森内先生の著書「覆す力」を読んだのですが、真摯な姿勢に感動。
 
 私も斯くありたいなと刺激を受け、将棋に対して緊張感を持って指そうと。
 それと同時に、目標を具体化することを思いついたので、以前から、今回のイベントを一つの目標に定めていました。

 目標は全力で指すのはもちろん、飛香落ちで一勝すること。
 そして、負けても納得できる内容にすることでした。
 
 結果からいうと、目標は達成できませんでした。
 はじめ教室のメンバーから応援を受けていたのですが、無念のLINEを打つことに。
 やはり奨励会三段の壁は厚かったです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この日、道場では色んなことがありました。
 森内先生とお会いすることができ、挨拶や歓談できたこと。
 高見先生がお見えになり、私の感想戦に加わっていただいたこと。
 生徒同士の対局で、成績を5連勝まで伸ばしたこと。
 その直後に手痛い一敗を食らったこと。
 子供には「○態」と言われていじられたこと。
 
 とても楽しい道場でした。
 今思っても良い道場だなぁとシミジミ思います。

 でもやっぱり勝ちたかった。
 せめて、もっと実力を出し切りたかったですね。

 帰り道では「悔しい」と心の中で連呼しながら帰りました。
 もっと強くなりたいなぁと。
 (それと同時に、私はどこを目指しているんだろうかとも不思議に思いましたが。)

 電車の中では、気分転換に本を読んだのですが、最初のうちは頭に入ってこなくて。
 夕食を取る頃には、妙に口の周りが疲れていました。
 気が付かない間に、歯を食いしばっていたんでしょうね。
 
 でも良かった。
 悔しい思いをしたけど、それは実力が足りないだけですからね。
 
 
 今ここで、内容を思い返してみると、はじめ先生との一局目は70点の出来。
 途中で上手が「いやぁ……」と漏らしていたのが聞こえましたし、自分でも手ごたえを感じていました。
 終盤で何度か決め手を逃し、私の時間切れ。
 その後、先生の易しさで30秒将棋を追加していただいたのですが、秒読みの中納得のいかない指し手を続けることになりました。
 日頃の努力が足りないなぁと改めて思います。

 二局目は0点です。。。
 駒組みをして、そのまま自滅して負けました。
 なんか、「趣味は将棋だ。」と公言できない負け方でした。
 大局観が悪すぎて、情けない敗戦と言わざるをえないですね。

 二局目の感想戦では、私たちの隣で、森内先生が私の隣で正座して下さいました。
 「本当に素晴らしい方だなぁ。」と心を打たれたのですが、やっぱり納得のいく対局で座って欲しかったです。
 
 この日の最後は森内先生から、みんなへの5手詰めの出題。
 さっぱり解けなかったのですが、はじめ先生はあっさり解いてました。
 さすがだなぁ。。。

 気持ちを抑えるために盤駒を片付け、電車を乗り継いで帰路につき、今こうしてブログを書いています。
 こうやってみると、やっぱり道場の皆さんには感謝の一言。
 とても素晴らしい体験ができました。

 悔しいのは全然変わりがないのですが、気持ちの整理はできそうです。
 ………というわけで、今から軽く飲んできます。
 軽めに息抜きして、また勉強して頑張りたいと思います。

 はじめ先生、森内先生、高見先生。
 生徒の皆さん、スタッフのKEIKENさん。
 どうもありがとうございました。

 また来週、伺いますね♪
 ではでは。

コーヒーくん   将棋 と サッカー

 どうも コーヒーくんです。
 最近、サッカーと将棋のコラボが進んでますね。
 先日、マリノスホームスタジアムの日産スタジアムで、Jリーグ2nd Stageの開幕に合わせて、コラボイベントが開催されました。

 サッカーと将棋をこよなく愛する私としては、絶対に行きたいこのイベント。
 俺はねぇ SS席を購入して意気揚々と望みました!!  SS席ですよ! SS!!

 会場に付くと、さっそくやってました。
 出演棋士は、サッカーが好きだと公言している棋士ばかり。
 マリノスOBの波戸アンバサダーも和服で会場入り。
 
 波戸さんは、親善試合(欧州遠征)のフランス戦で大敗を喫した日本代表が、守備の立て直しを迫られた際に、豊富な運動量を買われて日本代表入り。いきなり当時のスタープレーヤーを押さえろと言われたとか何とか。
 大宮アルディージャに所属していた際に、私がさいたま新都心のラフレのローソンで昼飯買ってたら、目の前の人がやたら関西弁で、足がやたらにサッカー脚でよくよく見たらそれが波戸さんで、目と目があって、声を掛けようかと思ったけど勇気が無くて、何だか妙な雰囲気になったこととか、そのあとローソンに吉原宏太が入ってきてもう大興奮だったりとか、そんなこんなもいい思い出ですね。まぁこの辺はマニアックなので読まなくて良いです。

 手軽にまとめると、日韓ワールドカップでサッカー人気が上昇していた時期に活躍していた選手なので、知っている方も多いと思います。 

 さて、肝心のイベントですが、私は指導対局をして頂きました。
 波戸 VS 郷田王将の対局も見たかったですね。
 
 マリノス
 (イベントの様子)

 イベントでは、マリノスのユニフォームを着た子供たちがたくさん対局してました。
 将棋ファンと思しき大人の方も沢山いて、良い交流になっていましたね。
 正直、スタジアムの雰囲気を感じるのも、サッカーの一つの魅力です。
 私としては、いつか、棋士とフットサル企画をやってほしい! 絶対出るから!!


 指導対局以外にも、どうぶつサッカーのコーナーがありました。
 これがまた楽しくてね。
 ボールキープの概念が大切で、中々サッカーの魅力を上手く取り込んでいるボードゲームだなと感じました。
 勢い買ってしまいましたー。 娘のプレゼントにします!

 hujita2.jpg
 (どうぶつしょうぎコーナーには藤田先生が!)


 さて、メインの指導対局ですが、山口恵梨子女流初段に角落ちでお願いしました。
 人気者の山口先生。すっかり将棋ファンに囲まれてましたねー。
 「スタジアムじゃないみたいだ(笑)」 なんて思わず漏らしてました。
 
 挨拶をしてから、軽く山口先生に話しかけてみました。
 「先生、サッカー好きなんですか?」
 「ええ、でも勉強中なんです。ミランとか好きですね。」
 
 セリエAを見てるんですね。随分本格的で、こちらがビックリしました。
 指導前に軽く話しかけると、向こうも緊張感がほぐれるのでしょうか。
 どことなくゆったりとした雰囲気で、対局がスタートしました。
 それではご覧ください!









 途中、自分が悪手を指すと、山口先生は相当テンパってましたね。
 「あっと… 何ていうか その……」
 「ポケモンで例えるなら、〇〇〇の破壊光線を受けに行っているようなもので…」

 山口先生!! 俺が悪かったよ!!
 オジサンはポケモンの事はよく解りませんが、とにかく自殺行為だと言う事はリアクションで解りました。ごめんなさい。。。

 対局の最終盤に決め手を発見すると、山口先生は自分の事のように喜んでくれました。
 色々とヒントをくれての、このリアクション。  この人、絶対良い人だぁぁ。

 「いやーテンション上がりますね」と思わず漏らすと
 「ホントですか!?」と真顔で天然コメント。
 この人、絶対良い人だぁぁぁぁぁぁぁぁ。

 今日の記念に、写真をお願いしました。
 楽しい指導対局。優しい人柄もあって良い思い出になりそうです。

 yamaguchi.jpg
 (ツーショット頂きました。釣り合いが取れているのか不安…)
--------------------------------------------------------------------------------
 せっかくなので、スタジアムの様子も。

 入場
 (選手入場。メインスタンド側だとはっきり選手が確認できました。)

サブ
 (目の前で行われたサブ組のウォーミングアップ。試合の戦況を確認しながらアップするのは大変そうでした。マリノスはサブ組も豪華。いいチームですね。)

まりのすけ
 (ハーフタイムではマリノスケと握手できました!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。