FC2ブログ

コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

07-<< 08-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-
BLOGTOP » CATEGORY … 指導対局

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん 青葉で中村王座と飛香落ち

 こんにちは
 青葉で中村王座の指導対局を受けました。

 タイトルホルダーかぁ・・・
 こんな経験、一生にあるかないかだなぁ・・・

 というわけで、前日にはじめ教室で飛香落ちの特訓。
 かなり厳しめの指し方を、事前に頭に叩き込んでおきました。

 青葉の3階対局室に入ると、それはもう亜空間。
 いやはや、カッコイイんだわ。これが。


 肝心の対局。
 なんと、前日の特訓とほぼ同型の形が盤上に再現。

 事前に、中村王座は指導対局が厳しめと聞いていましたが、
 「本当だなぁ・・・」と実感することに。

 さて、どうなったでしょうか。
 御覧ください。
 








 感想戦ではポイントを幾つか。
 「角で取ったらどうなりますか?(42手目)」
 「飛車を切って角の打ち込みから、浮いている銀を狙いに行きます。」
 「そうですよね。負担になっていますからね。」

 会話が成立しました。 感激!!

 「飛香落ちは卒業で良いと思いますよ。」
 と、嬉しいお言葉も頂きました。

 もう一生の記念。
 そして、本当に飛香落ちは卒業させていただきます。
 
 ほんと、自分らしい棋譜が残せました。
 全力で指せた!!

 帰りの電車ではグッタリ、しばらく居眠りをし、
 回復したところで、勢い朝方までポーカーしました(笑)

スポンサーサイト

コーヒーくん 青葉で室谷先生と角落ち

 はいどうも
 こんにちは

 先日、青葉の指導対局で、室谷先生から角落ちの指導を受けました。
 室谷先生は、はじめ合宿で色々とお話することができました。
 でも、残念ながら指導を受ける時間はなかったんですよね。

 初めての指導対局。
 私のことを覚えてるかなぁと、不思議な気持ちになりながら、指導を受けました。

 この日の対局では、中々良い棋譜が残せたと思います。
 途中、指し手で会話ができてるなぁと、生意気ながらも感じたものです。

 








 角落ち、難しいよね。
 ポイントは上手に位を取らせないことらしいです。

 これがほんと大変。
 序盤から間違えないように、真剣に考える必要がありますね。


 指導のあとは青葉でのんびり対局。
 子どもたちにメタクソ舐められながら、のんびりと対局しました。
 好かれているのか、馬鹿にされているのか、微妙なラインでした。

 その後の食事会は、スペシャルな時間を満喫。
 でも絶対、ここには書けません。 
 疼く。 疼く。

コーヒーくん 黒沢先生との二枚落ち

 こんにちは。
 先日、はじめ教室のゲストとして、黒沢先生が来てくださいました。

 一言で言うと、黒沢先生は好青年。
 ルックス良し。性格良し。笑顔良し。

 間近でお目に掛かると、結構スポーツマンタイプの体型でした。
 なにこれ、完璧。

 そして次の一手クイズのために、自ら連盟から賞品を購入する優しさ。
 乙女ファンだったら、身も心も溶けてると思います。
 おっさんの私も、随分と原型が崩れましたね。
  
 当然、この日は満員御礼。
 強豪ぞろいの生徒たちを、バッタバッタと倒していきました。

 感想戦もスマートで、何かすげぇなって。。。
 私よりも随分年下ですが、一瞬で尊敬しました。

 さて、そんな中での指導対局。
 私は二枚落ちで臨みました。
 良い将棋指せたんですよ!

 せっかくなので、記念にこの将棋から次の一手を皆さんに。

 黒沢先生から、
 「凄まじい切れ味でしたね。」
 「”次の一手”のような手でした。」
 と絶賛されたので、これは載せないわけには行かないんです!!

 では出題。
 角取りが嫌味で、上手の王様は広々。このままでは下手の負けパターン。
 170624.gif
 
 7手先まで読めれば、気分は爽快です。
 解答はコメントがたくさんついたらにしますね。


コーヒーくん 中々鋭い大局観

 どうも
 こんにちは

 先日、LPSAのイベントで宏美先生に指導対局を受けました。
 宏美さん、綺麗でした。 何かあったんでしょうか。
 序盤・中盤・終盤・そして私生活も隙が無い感じでした。

 今回はその一局。
 四面指しでの対局です。
 








 どうですか。
 飛車をタダで捨てる大局観。
 銀を遊ばせれば、何とかなるかなという判断は間違えてなかったようです。
 これぞ、コーヒーくんの才能が如実に表れた一局ですね。
 (誰も言ってくれないから、自分で言っているのであしからず。)

 まぁ・・・ この手しかなかったのですがね。
 一瞬で手が見えるところは、正直、流石宏美さんだなぁと負けを覚悟してました。

 それでも、良い内容の将棋をさせて、素敵な一日になりました。

コーヒーくん 井道先生との指導対局

 どうも
 コーヒーくんです。

 先日、青葉将棋道場で井道先生の指導対局を受けてきました。
 申し訳なさそうに平手で申し込んだのですが、快く受けて頂きました。
 嬉しかったです。

 戦型は先手の石田流に良くある相三間。
 中飛車左穴熊を予想していており、事前に調べていたのですが、当たりませんでした。
 この戦型で勝ったことあまりないんですけれどね。

 








 受け将棋ですか? と聞かれるほど、受けに回りました。
 普段は攻め将棋なんですが。。。

 この戦型で勝ったことがないという心理的な要素もあったと思うのですが、
 プロ相手に憂いを残して攻められるほどの強気は持ってないんですよね。
 
 序盤ではやや作戦負けになったものの、
 中盤ではある程度、力を出せたと思います。

 終盤の読みでは、随分酷かったなぁ。
 詰む詰まないが読めません。 全く分かりません。
 将棋の醍醐味が苦行でしかありません。 ハイ。

 
 それでも、井道先生は優しかったなぁ。
 「好手が一杯ありましたね。」
 「この戦型を苦手にしていると仰いましたが、全然そんな事ないですよ。」
 「コーヒーくんはカッコよくて、ぼーっとしちゃいましたよ。」 ←言ってません
 と、褒めてくださいました。

 ほぉぉ。 本気にしますよ。
 こちらも丁寧に、「とても勉強になりました。」とお伝え出来ました。
 
 負けたけど、ちょっとウキウキ。
 すっかりオジサンな将棋指しですが、次こそは勝ちたい。
 また楽しく将棋指しましょう。 井道先生!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。