FC2ブログ

コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

07-<< 08-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-
BLOGTOP » CATEGORY … 24道場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん 大駒全部取られる

 こんにちは
 面白い棋譜を残せたので、載せときま~す。
 








 細かい攻めを繋いで勝ちました。
 いやー緊張感あったなぁ。

スポンサーサイト

コーヒーくん 24名人戦 本戦 5日目

 こんにちは
 コーヒーくんです。

 コツコツ名人戦解説です。

 〇第八局
 石田流 角交換型
 








 この対局、印象に残りますねー。
 途中までかなり優勢を意識してました。
 相手の攻め筋は単調で、とにかく2筋を受け止めればいいとかなり手堅く守りました。

 一歩得してるし、相手の攻めは丁寧すぎるくらいに受けてるし。
 相手の角も隠居させて気分は上々でした。
 
 で・す・が
 私がやらかしたのは81手目▲2七歩
 相手は飛車を引く一手だと思ってたんですが、手順に△7六飛と回られ絶叫しました。

 2筋に手厚い陣形が、一気に極端な壁形に早変わり。
 もう負けたなぁと覚悟しました。

 いやーーーー
 ポイントは随分上げていたんですが、悪手一発。
 将棋って怖いですね。

コーヒーくん 24名人戦 本戦 4日目

 どうも
 コーヒーくんです。

 最近、PCのゲーム "Banished"に大ハマり。
 睡眠時間削ってます。。。

 さて、24名人戦を振り返り。
 
 〇第六局
 石田流 対 天守閣美濃
 








 教科書に書いているように大ゴマを捌いたのですが、そこからの攻めが細すぎた。
 59手目の第一感は▲9一龍を香車を取って、△5六馬に▲5九香。
 コンピューターも指し示しており、その手を逃してからは一方的になりました。

 天守閣美濃の横からの強さが良くわかる一局ですかね。

 〇第七局
 居飛車穴熊模様 対 四間飛車 後手番
 








 居飛穴側から▲8六角(21手目)とイチャモン付けてきたので、
 こっちも派手に行った一局。

 43手目△3九角は決断の一手。
 受け切られたら大差で負けだなと、随分悩んだんですが、勢いで決断。
 続く46手目△3五銀が打ちにくいですが、結果守備駒の金と交換できたので、
 十分成立していたようです。

 終盤相手玉を寄りにくい形にしてしましたが、最後に相手の薄い玉に流れ弾がヒット!
 86手目8九龍は詰めろ飛車取り。
 
 なんと、この局面で、サーバーエラーの中断してしまったのですが、
 判定の結果勝ちになっていたようで、とても安心しました。

 この日はサーバーの不具合が気になってこれで終了。
 これからどうなることやら、ゆっくりまとめていきますね。

コーヒーくん 24名人戦 本戦 3日目

 どうも
 コーヒーくんです。

 さて、24名人戦を振り返っていきます。
 
 〇第四局
 石田流 対 角交換型 
 








 良いところなし。
 勉強不足。

 後で調べたら、角交換四間飛車のように指すべきだったようで。

 〇第五局
 居飛車穴熊模様 対 四間飛車 後手番
 








 不利になって、逆転して、負けになって、何故か勝ちになった一局。
 なんだか不思議ね。

 うまく捌いた・・・・。とは言えないですね。
 何か捌けてた。  という感じで、受動的な序盤。

 端を攻めてからこちらが有利になるものの、
 途中で遊んでいる飛車をいじめに行った構想が悪かった。

 こちらは歩切れで攻めが続かないなと判断したのですが、
 検証してみると何と5五の位置に歩が落ちているではないですか。

 盤面は広く見ないといけないですね。

コーヒーくん 24名人戦 本戦 2日目

 どうも
 コーヒーくんです。

 名人戦もすでに佳境に入っているのですが、ブログ上ではなぜか二日目。
 当時の新鮮味が全くないですが、せっかくなので当時を振り返ってみますね。

 〇第三局
 筋違い角 対 角交換振り飛車 後手番
 








 予選で対局した方と、またも筋違い角。
 前回は良いとこなしでまけたので、同じ過ちを繰り返さないよう気を付けました。

 まずは美濃囲いに玉を入場して、左金で角をいじめることに。
 なぜか十字飛車で歩損しましたが (ホントはしなくていいのですが)、
 その代償に飛車角の可動域を狭くすることが出来ました。

 45手目前後から、急に激しい変化になりましたが、
 筋違いの相手方には攻め手がない。
 ゆったりと駒得を重ねて優勢な局面に落ち着きました。

 そこからはセンスのない、まごまごした攻め方から不利になるのですが、
 馬を引き付け玉頭に迫り、最後は一間竜から技が決まり勝利。

 
 この一局、こちらの主張は駒得だったので、
 もっと丁寧に駒得を狙う指し方が良かったですね。
 どこかで飛車を逃がす手順もあったかもしれません。

 とにかく24名人戦は三連勝。
 上々の出来ですが、これから悲劇も待ってます。
 ここで貯金しておいて良かったなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。