コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

05-<< 06-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-
BLOGTOP » CATEGORY … 思い出

コーヒーくん 涙・涙・涙

 今日は泣いた。
 泣けてきてしょうがなかった。

 本当におめでとう。
 本当に頑張った。

 久しぶりにブログ書きたいな。と思ったけれど、上手く綴れない。
 何から書いていいかもわからない。
 だから、思いついた事を、ドンドン書いていこうと思う。

 
 ”彼女”を初めて知ったのは、LPSAのアマチュア大会。
 各ブロックの予選を勝ち抜き、当時駒込のサロンで決勝大会が行われた時。

 当時は成田弥穂さんが、プロ棋士を次々になぎ倒し、
 女流棋界にアマチュア旋風を巻き起こしていた。
 その大会で”彼女”は残念ながら負けてしまったものの、
 インタビュー動画では非常に悔しそうにしていたのを覚えている。

 その時の印象は「強くなりそうだな。」と純粋に思った。
 
 優勝者もそれ以外の参加者も、全国大会まで出て、
 プロ棋士の前で将棋を指せれば、そりゃ嬉しい。皆笑顔。
 でも、彼女だけは自分の実力を出しきれずに、
 納得していない表情を浮かべていたからだ。
 
 「根性ありそうだな。 良い原石かもしれないな。」
 そんな感じで、妙に印象に残った。


 それから、色々な困難に見舞われながらも、”彼女”はタイトルを獲った。
 これが泣かずにいられるか。

 浴びるほど飲みたい。
 叫ぶほど泣きたい。

 
 LPSAのアマチュア大会から程なくして、彼女はLPSA所属のツアー女子プロになった。
 その頃から”彼女”はブログを書き始め、ファンとの交流も仕事となった。

 私は、よく記事を読んでコメントしていた。
 まだまだ新人の棋士らしく、色んなものを勉強し、吸収していた。

 振り飛車党だった”彼女”が、居飛車の勉強を始めたのもこの頃で、
 本当に基礎の基礎から勉強していた。
 半端な努力じゃ務まらないだろうなぁと、少し同情めいた気持ちも湧いたくらい。
 それでも、若さをバネにすくすくと成長していった。


 そんな”彼女”は、不幸にも時代の流れに、翻弄されたこともあった。
 あまり詳細は書きたくないが、彼女の存在意義すら否定されかかった時があった。

 当時、”彼女”はLPSAのサロンで、定期的に指導対局を行っていた。
 いつも元気よく、笑顔で我々に接してくれていた彼女も、
 この時だけは、少し参っていた。
 
 そんなときでも、我々に頑張って、笑顔を向けてくれていた。
 痛々しさすら感じた、あの笑顔が忘れられない。
 
 才能があり、努力している一個人の”彼女”を、追い詰めている状況が許せなかった。
 一ファンとして無関心を装い、「頑張れよ!」
 と、声を掛けることしかできなかったが、
 それが最善だと信じ、乗り切れると待つよりなかった。

 そして乗り切ってくれた。
 年上の私が、誇りに思うくらい、”彼女”は乗り越えてくれた。


 いつだったかの指し初め式で、彼女と話したことがあった。
 困難な状況にある中、新年ということもあってか、
 意気揚々と「頑張ります!」と話し掛けてくれた。

 私はお節料理の箸を止め
 「でも、メンタルも大切だからね。」と一言だけ答えると、
 急に緊張感のある表情で 「そうですね。」 と返していた。

 そこから急に距離が縮まったように思う。
 単なる好奇心から応援しているのではなく、
 純粋に”彼女”を応援しているのだと、わかってくれたんじゃないかと今になって思う。

 
 そこからはほんの少し、相談にのるようになった。
 っつったって、ほんのほんの少しだけ。

 「周りが変わらないなら、自分が変わるしかないよ。」
 と何気なく話したら、根性出して検討室にお邪魔したと話していた。
 
 周りの棋士は一瞬ビックリしたらしいが、結局は受け入れられたらしい。
 職人基質の為せる技で、やはり将棋にルールは一つだと思った。
 受け入れてくれた棋士の方々には、感謝したい。

 
 ”彼女”が棋戦に出場してからは、躍進が始まった。
 さすがに実力者の壁には苦戦していたが、それでも一発入れることもあった。

 将棋世界での評価も高かった。
 「才能を感じる」と九段の先生が評してくれたのは、嬉しかった。
 ”彼女”も自信になったと思う。

 活躍してからは、彼女の環境も安定していった。
 仲間ができることは大きい。
 女流仲間とも交流が増え、切磋琢磨している話を聞けたときは嬉しかった。

 NHKでの聞き手を一年間も努め、知名度や人気は全国区となった。
 おじさん、ちょっと寂しかったけれど、それでもやっぱり嬉しい。
 羽ばたいてるなぁと微笑ましかった。

 
 今年、”彼女”はタイトル戦への出場が決まった。
 ついに、来たと思った。
 流石に興奮した。

 初めてのタイトル戦の棋譜は”彼女”らしかった。
 研究量が感じられ、作戦家の一面を感じた。

 緻密な駆け引きでリードを奪う所など、老獪さがあった。
 「強くなったなぁ~」と感心した。


 第二局は、里見さんの寄せが凄かった。
 王者に揉まれてるな。 やはりタイトル戦だな。 と強く感じた。

 ”彼女”の長所も短所も、存分に出た内容。
 全力でぶつかってる姿勢が挑戦者らしく、間違いなく棋士人生で最良の経験だ。
 
 第三局は、”彼女”一番の名局と言っても過言ではない。
 こんな将棋させたら、誰も勝てないと思うんじゃないかっていうくらい完璧だった。
 芸術性を感じる一局。

 第四局は、形勢が何度も入れ替わる、激闘の名局。
 全身全霊、ぶつけているんだなぁ。 と棋譜から伝わる。

 中継で”彼女”の姿を見ていると、涙が出てきた。
 宏美さんとか、島井さんとかも、やっぱり泣いてた。


 検討は熱を帯び、期待も高まる。
 決め手の飛車寄りが見えて、”彼女”もそれを指した。

 私の指し手が当たって、ちょっと心配になったが、どうやら正着だったらしい。
 そのまま勝ちきり、タイトル奪取。
 夢のような瞬間だった。


 帰りの電車ではTwitterは大盛り上がり。
 新聞記事には、「新女流王位」の文字が躍る。
 
 心が揺さぶられる。

 感無量。
 この一言に尽きる。

スポンサーサイト

コーヒーくん   将棋 と サッカー

 どうも コーヒーくんです。
 最近、サッカーと将棋のコラボが進んでますね。
 先日、マリノスホームスタジアムの日産スタジアムで、Jリーグ2nd Stageの開幕に合わせて、コラボイベントが開催されました。

 サッカーと将棋をこよなく愛する私としては、絶対に行きたいこのイベント。
 俺はねぇ SS席を購入して意気揚々と望みました!!  SS席ですよ! SS!!

 会場に付くと、さっそくやってました。
 出演棋士は、サッカーが好きだと公言している棋士ばかり。
 マリノスOBの波戸アンバサダーも和服で会場入り。
 
 波戸さんは、親善試合(欧州遠征)のフランス戦で大敗を喫した日本代表が、守備の立て直しを迫られた際に、豊富な運動量を買われて日本代表入り。いきなり当時のスタープレーヤーを押さえろと言われたとか何とか。
 大宮アルディージャに所属していた際に、私がさいたま新都心のラフレのローソンで昼飯買ってたら、目の前の人がやたら関西弁で、足がやたらにサッカー脚でよくよく見たらそれが波戸さんで、目と目があって、声を掛けようかと思ったけど勇気が無くて、何だか妙な雰囲気になったこととか、そのあとローソンに吉原宏太が入ってきてもう大興奮だったりとか、そんなこんなもいい思い出ですね。まぁこの辺はマニアックなので読まなくて良いです。

 手軽にまとめると、日韓ワールドカップでサッカー人気が上昇していた時期に活躍していた選手なので、知っている方も多いと思います。 

 さて、肝心のイベントですが、私は指導対局をして頂きました。
 波戸 VS 郷田王将の対局も見たかったですね。
 
 マリノス
 (イベントの様子)

 イベントでは、マリノスのユニフォームを着た子供たちがたくさん対局してました。
 将棋ファンと思しき大人の方も沢山いて、良い交流になっていましたね。
 正直、スタジアムの雰囲気を感じるのも、サッカーの一つの魅力です。
 私としては、いつか、棋士とフットサル企画をやってほしい! 絶対出るから!!


 指導対局以外にも、どうぶつサッカーのコーナーがありました。
 これがまた楽しくてね。
 ボールキープの概念が大切で、中々サッカーの魅力を上手く取り込んでいるボードゲームだなと感じました。
 勢い買ってしまいましたー。 娘のプレゼントにします!

 hujita2.jpg
 (どうぶつしょうぎコーナーには藤田先生が!)


 さて、メインの指導対局ですが、山口恵梨子女流初段に角落ちでお願いしました。
 人気者の山口先生。すっかり将棋ファンに囲まれてましたねー。
 「スタジアムじゃないみたいだ(笑)」 なんて思わず漏らしてました。
 
 挨拶をしてから、軽く山口先生に話しかけてみました。
 「先生、サッカー好きなんですか?」
 「ええ、でも勉強中なんです。ミランとか好きですね。」
 
 セリエAを見てるんですね。随分本格的で、こちらがビックリしました。
 指導前に軽く話しかけると、向こうも緊張感がほぐれるのでしょうか。
 どことなくゆったりとした雰囲気で、対局がスタートしました。
 それではご覧ください!









 途中、自分が悪手を指すと、山口先生は相当テンパってましたね。
 「あっと… 何ていうか その……」
 「ポケモンで例えるなら、〇〇〇の破壊光線を受けに行っているようなもので…」

 山口先生!! 俺が悪かったよ!!
 オジサンはポケモンの事はよく解りませんが、とにかく自殺行為だと言う事はリアクションで解りました。ごめんなさい。。。

 対局の最終盤に決め手を発見すると、山口先生は自分の事のように喜んでくれました。
 色々とヒントをくれての、このリアクション。  この人、絶対良い人だぁぁ。

 「いやーテンション上がりますね」と思わず漏らすと
 「ホントですか!?」と真顔で天然コメント。
 この人、絶対良い人だぁぁぁぁぁぁぁぁ。

 今日の記念に、写真をお願いしました。
 楽しい指導対局。優しい人柄もあって良い思い出になりそうです。

 yamaguchi.jpg
 (ツーショット頂きました。釣り合いが取れているのか不安…)
--------------------------------------------------------------------------------
 せっかくなので、スタジアムの様子も。

 入場
 (選手入場。メインスタンド側だとはっきり選手が確認できました。)

サブ
 (目の前で行われたサブ組のウォーミングアップ。試合の戦況を確認しながらアップするのは大変そうでした。マリノスはサブ組も豪華。いいチームですね。)

まりのすけ
 (ハーフタイムではマリノスケと握手できました!)

哀悼 河口先生

 河口先生が亡くなったと訃報が入り、ショックだった。

 私が横浜で暮らしていたころ、たった二回だけだが指導して頂いた。
 確か、地下鉄ブルーラインの吉野町駅から歩いて三分ほどの将棋道場だった。
 初めての対局は飛車落ちでお願いした。
 
 手合いは飛車落ちでお願いします。と伝えると一瞬「えっ…」と空気が変わった。
 隣の方は角落ちで対局しており、「みんな強いねぇ」と半ば呆れていた。

 対局は私はいつも通り中飛車に構え、自分の力を出せる形になった。
 途中私が長考して角と上がると「これはいい手だ!」と膝を叩いて褒めてくれた。
 あの時は緊張した頭でピリピリと興奮を感じていた。

 その後は調子に乗って、自分でもびっくりするような勝ち方ができた。
 あんな勝ち方はもうできないんじゃないかっていうくらいだった。

 「あなたは強いねぇ」 「駒組みが違う」 「今度は一対一で平手で勝負だ」

 お世辞なのか、本気なのか分からなかったが、とにかく笑顔で褒めてくれた。
 凄く嬉しかった。

 その日は第一回電脳戦が開催されていて、先生は現地で観戦する予定だった。
 iPadの設定が分からないとおっしゃったので、自分が設定して先生に渡した。
 簡単に説明すると、河口先生はすぐに理解してしまったのには驚いた。

 これがきっかけで、図々しくも電脳戦の感想を聞いてみたりもした。
 内容までは覚えていないが、その時の会話に瑞々しさを感じたのを覚えている。

 「今度また指そう」とおっしゃって、先生は対局現地に向かった。
 この日はあまりにも嬉しくて、久しく更新してないこのブログを書き綴ったくらいだ。


 二回目の指導はそれから半年くらい後。
 正直なところ、もう前回の事は覚えていないかなと高を括っていた。

 指導席に座ると、先生は「あなたは平手でやろうと言った人だよね」と仰った。
 私を覚えていたことと、あのセリフは本気だったことに驚いた。
 手合いを告げる前に本当に平手で対局が始まってしまった。

 どうにでもなれと角交換四間飛車に構えると「新しいのは分からないんだよ」と一言。
 私はそのセリフに半信半疑になりながらも、淡々と駒組みを進めていった。

 その先の何気ない局面で、「良い手を見つけた!」と先生は角を打たれた。
 先生はそのまま意気揚々と煙草を吸いに席を外してしまった。

 「どうぞ長考してください」 というわけだ。  
 
 あのときの自信と茶目っ気の混じった表情は今でも思い出せる。
 若々しいなと思った。

 実際この手は一目好手に映り、うんうんと5分ほど考えた。
 そうこうしている間に形に捉われないで飛車を一路寄る手を見つけた。
 相手に飛車先の交換を許すが、被害を最小限に食い止める一手だった。
 
 先生が煙草から戻ると私はその一手を指した。
 
 覗き込むように私の寄った飛車を見つめると
 「思ったよりは良くならないか」 と一言漏らしていた。
 この応酬はどうやら会話になっていたようで、この一手だけ自慢になった。

 それでも局面は不利なので、力がない私はグイグイと暴れていく一方。
 あまりにも露骨に暴れていくので「こんな事して…」と呆れ気味な河口先生。

 それから僅か数手後にはこちらが敗勢となり、「もうこれは駄目だね」とTKO。
 やはり本気を出されては全く相手にならなかった。
 自分の魔法が切れたようで、少し申し訳ない気分だった。

 それでも先生は明るく
 「この戦型、丸山戦で観戦記を書いてるから読んでみてよ」
 と仰っていた。

 「新しいのは分からないっていってたのにな」
 と少し気にはなったが、悪気がなさそうなのが清々しかった。

 それから先生の代表作「対局日誌」にサインをお願いしたが、
 筆を持っていないので、また今度ということになった。

 あれから、その将棋道場に対局日誌を預けさせてもらった。
 先生はすっかりサインの事は忘れているようで、結局今でもそのまま。
 それも何だか牧歌的でいいかなと思っていたが、いまはとても寂しい。
 この思い出と一緒に一筆頂いておけばよかったと思う。
 
 元気だった姿しか見ていなかったので、今でも信じられない。
 あの時ゆったりと背にもたれて指導していた姿がかっこよかった。

 kawaguti sensei

コーヒーくん@けやきカップ

 府中で開催された「第6回武蔵の国府中けやきカップ」に足を運びました。
 LPSA発足当時から毎年訪れているこのイベント。
 府中本町の駅から会場まで歩いて行ったのですが、ほとんど迷うことなく到着したのもなるほど納得です。
 
 会場前の路地には桜が植えられており、私たちを迎え入れているかのように満開!春の陽気なのか、けやきカップへの高揚感なのか。逸る気持ちを抑えつつ、会場入りしました。

 IMG_1523.jpg
 (ルミエール府中 桜が映える清潔感あふれる会場)

 IMG_1525.jpg
 (会場前にはポスターが)

 会場は広々としていましたが、今回はちょっと机と椅子が多め。
 こんなに指導対局するのかな? と疑問に思ったのですが、子供大会が催されるとの事。27チーム81人の小学生が集まり、一等賞目指して熱戦を繰り広げていました。
 子供大会のすぐそばには保護者達が大勢。大人たちも真剣に盤面を覗き込み、子供たちと緊張感を分かち合っていたのが印象的でした。
 
 IMG_1527.jpg
 (ライトアップが心地いい対局場と解説会場)

 IMG_1526.jpg
 (ちびっこ棋士達)

 トーナメントが開催されると、いつもにこやかな棋士たちも表情が一変。
 この迫力を目の前で感じることができるのが、なんといってもこのイベントの醍醐味。盤面が進むにつれて激しくなる手つき。鋭くなる視線。考え込む仕草。文句なしに素敵です。

 時折「自分の娘がこういう舞台に立ったら、めちゃくちゃ感動するんだろうなぁ」と、若い渡部先生を見ながら思ったものでした。それ程、ぐっとくるものがあります。

 IMG_1528.jpg
 (対局中の渡部愛3級)

 この日は好局が多かったと思います。
 私が一番印象に残ったのは 中倉彰-渡部戦。
 お互い主張がある均衡の取れた対局で、形勢判断も難しいものでした。

 自分が見る限りではありますが、相手にと金を作らせながらも彰子先生が優勢とみられる局面がありました。実際、後手が露骨に暴れる手を指しており、私の形勢判断もあながち間違いではなかったようです。
 この対局の結果は、終盤に渡部先生がひっくり返して逆転勝ち。
 渡部先生は、この勢いのままトーナメントを制していました。

 
 トーナメントの合間には、懸賞詰将棋の回答。
 府中出身の詰将棋作家「岡本眞一郎」さんの出題です。

 IMG_1530.jpg
 (ただいま解説中)

 最近棋力も上がってきたので、今回初めて懸賞詰将棋にチャレンジしてみたのですが、結果は3問中正解は1問。作意は分ったものの、玉の逃げ場所や角の打ち込み場所を間違い、残念ながら不正解。詰将棋の解説中に思わず声を出して天を仰ぎました。。。
 悔しいぃぃぃ!

 懸賞は外れたなぁと落ち込んでいたのですが、今回は1問でも正解したら賞品が貰えるとの事。
 あっこ先生が該当者の3名分の名前を読み上げます。

 まずはじめに、私の真後ろで、歓声が上がりました。
 お次に誰かと待っていたら、今度は私の真横で歓声が…
 う… うらやましくなんか… ないもん!!

 いよいよラスト。
 否が応でも力が籠る最後の瞬間に、あっこ先生が読んだその名は!

 「コーヒーくん!!」

 ぎだぁぁぁぁ!!

 あっこさん、嬉しいよ!!
 本当はね。 本当はね。 うらやましかったんだよ!!
 うやらましかったんだよぉぉぉぉ!!!(感涙)

 あまりにも嬉しかったので、賞品を受け取るときにあっこさんを抱きしめてやろうかと思いましたが、会場に旦那さんとお子さんがいらっしゃるようなので諦めました。(チッ)
 で、頂いた賞品はこちら。

 IMG_1541.jpg
 (詰将棋作品集 競馬式:こまくらべしき)

 今回初めて懸賞詰将棋にチャレンジしたのですが、作品の鮮やかさに圧倒されました。(解けてないけど)
 奇跡のような巡りあわせで頂いた作品集なので、ぜひとも全問挑戦してみたいと思います。(但し、今現在3問全敗)

 
 大会の最後には優勝者予想クイズの懸賞。
 それにしても優勝者予想クイズ、いつも誰に投票するか悩みますねぇ。
 あんまり悩みすぎるんで、誰にも投票しないことがしばしばなんですが、今回は特別にクイズに参加してみました。

 その結果がこちら。

 IMG_1542.jpg
 (渡部愛女流3級 ミニ色紙ゲット)

色紙を渡す際に、とびきりの笑顔を見せてくれた彼女。
優勝者挨拶にあったように、これから倉敷藤花の対局が控えています。

プロ初戦は肩に力がこもってしまうもの。
会場からの帰り道に大国魂神社に立ち寄り、プロの初舞台で彼女が実力を出せるよう神様にお願いをして、帰路につきました。



コーヒーくん 指し初め式に参加

 1月4日にLPSA指し初め式(*1)に出席してきました。
 今まで何度かお招き頂いたのですが、地方に住んでいたため参加は見送ってました。そんな経緯もあったので、招待状が届いてから、是が非でも参加したいと楽しみにしていたイベントでした。

指し初め
(届いた招待状)

 楽しみにしていたので、二時間前から家を出発。
 はやる気持ちを抑えながら、横浜駅から湘南新宿ラインに乗り込みました。

 はて、鋭い方はここでお気付きになるはず、「なんで東海道線じゃないの
 さらに言うと、「湘南新宿ラインは、品川に止まらないのよ

 私がその事実を知ったのは、池袋を過ぎて赤羽に向かっている最中でした。
 池袋に着いたときに「なんかおかしいなぁ~」と思っていたのですが、時すでに遅し。
 焦る気持ちと裏腹に、電車は目的地から遠く遠く離れていくのでした。

 というのもね。
 電車の中で、女性がいきなり目の前で嘔吐したんですよ。
 それを優しく介抱してたら、池袋で降り過ごしたって訳。
 …っていうのは、単なる言い訳です。 すんません

 ちなみにその女性は小学生です。
 期待持たせて、重ねてすいません


 そんなこんなで田町駅から全速力でダッシュ
 その甲斐あって、見事! 数分の遅刻で済みました。。。
 えー、関係者の皆様、誠に申し訳ありません (今回謝ってばかりだな)


 さて、その指し初め式。
 スポンサーや観戦記者等、名だたる方々ばかり。
 さすがに緊張したものの、何人かの棋友も参加していたため、次第にリラックスしてきました。
 
 自分の手番は最後の方にまわってきました。
 女流棋士一同に新年の挨拶を交わし、盤面に向かうとビシッと力強く指してきました。
 一手指すだけなんですが、将棋ファンとして感慨深いものがありました。思わず、指がしなったね。
 
 全員が指し終わると歓談タイム。
 せっかくの機会なので、女流棋士全員と話してきました。
 
 みんな綺麗でしたねぇ。
 中には「ブログ読んでますよ」と言ってくれた棋士の方もいて、嬉しすぎてワシ、その場で溶けました。 (その後日本酒極めました。)

 面白かったのは、とある女流棋士とのお話。
 「もうすでに、単身赴任されてるんですか!?」
 「いや、来年度からなんですよ。寂しくてたまりません…」
 「キャバクラとか行ったら駄目ですよ」(*2)

 そこからキャバクラ話に花が咲きました。
 近くに居合わせた棋士のお姉さんも会話に加わり、キャバクラ講義の始まり始まり。<二人とも行ったことが無いようなので、熱く熱く語ってきました。(新年早々何やってんだろ)
 そこで出た結論は「そんな遊びをするよりも、健全とした将棋をしましょう。」とのこと。あまりにも正論でぐうの音も出ませんでした。これからもLPSAに遊びに来るから許してね。
 
 ちなみにLPSAには二組の姉妹棋士がいらっしゃいます。
 何も中倉姉妹とは限りませんよ。中倉姉妹とはね。

 この日は最後に、LPSA女流棋士の扇子を購入しました。
 新色バージョンが出たというので、前々から欲しいなぁと思っていたんです。
 娘に渡したところ、瞬殺で壊されましたが…

 初めての指し初め式は、こんな感じでした。
 綺麗な女性とおいしいお酒に浮付いた、楽しい一日。
 
 お正月だから、これくらいは許されるかもしれませんね。

------------------------
(*1):棋士や関係者、将棋ファンが一同に集い、将棋を一手づつ交互に指し継いでいく、将棋界特有の行事。

(*2):いつだったか、私がキャバクラネタを"Twitter"でつぶやいて軽く呆れられた経緯から、この話が出ました。