FC2ブログ

コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

01-<< 02-/1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012-02-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくんの読書感想文 ~編集者T君の謎~

 最近、体調を崩してしばらく寝ていたのですが、ふと目を覚まし寝ぼけ眼で本棚をみやると、一冊の本に何となく一目ぼれ。
 思わず手に取り「この本を買ったのは下北沢だったなぁ」と妙な感慨に耽りました。
 その本がこちら。

T君
(編集者T君の謎 将棋業界のゆかいな人びと 著:大崎善生)

 将棋業界に長く携わっていた大崎善生のエッセイ集です。
 初めてこの本の表紙をみたとき「編集者T君って誰!?」と思わずつっこんだのが懐かしいですね。

 もちろん本編の中で登場するのですが、一言でいうと『天然』
 そもそも本を一冊しか読んでいないのに、本の編集に携わっている事態で只者ではありませんね。(またその本が「人間失格」というのも、何とも…)
 それでいて仕事の方はしっかりできているようで、これも一つの才能の形ですよね。

 それ以外にも面白い話がたくさん。
 『中倉シスターズの秘密』と題された話の中での一説。

-中倉彰子と中倉宏美。テレビ解説や将棋まつりで今や引っ張りだこの美人将棋姉妹なのである。もし、万が一、百万が一この二人のうちのどちらかを選べといわれたらどうしよう。どうしましょう。 

 名書「聖の青春」を発表し日本中に感動を与えた大崎先生が、こんなこと書いちゃうんですね。

 確かに、中倉姉妹が美人なのはわかる。
 LPSAの指し初め式での和服姿はとても綺麗だった。
 周りからも良く聞く話ではあるし、その度に出てくるのは「どちらも良い」とか、「どっちでも良い(良い意味で)」とか。

 でもね。
 そんな話自体は「どーでもいいっす」(いやホントに)


 軽い熱を出したままそんな話を読み、笑みを浮かべて倒れるようにそのまま寝床へ。疲れた時に気が休まる、清涼剤のような一冊です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。