FC2ブログ

コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

09-<< 10-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012-10-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん トークイベントの裏側

 先週の水曜日に、阿佐ヶ谷ロフトAで開催されたトークイベント「勝負師の彼女じゃダメですか…」に参加してきました。実はちょっと体調が悪かったのですが、どうしてもこの日は行かなくてはいけない。そんな裏側を少しだけブログに書きたいと思います。

 結論から書いてしまうと、このイベントに協賛していたんです。そのためか、関係者用の桟敷席が用意されていました。職場の先輩も連れてきたので、より楽しんでほしいとの思いから悩みながらもその席に座ることに。

 実は、予め関係者席を打診された際に、みんなと一緒に酒を飲みながら楽しみたいと断っていたのですが、色々な配慮があったようです。
 コッソリと協賛して黙っていようと思い、広告フライヤーにも名前を載せないようにしてたのですが、結果バレバレでした…。これだったら、ブログの名前で載せといたほうが良かったかな(笑)


 私がトークイベントに協賛するきっかけは、中倉姉妹のネット番組"Positive de GO!"
 以前猛烈にハマリ、リスナーとして楽しく聞いていました。時にはハガキが読まれることもあり、一喜一憂した充実した日々でした。

 その後、彰子さんの出産のため、一時中断するも動画配信として再開。
 この件については以前の記事でも紹介していますが、この頃から番組のスポンサーに名乗りを上げることにしました。
 この頃は仙台に住んでいたこともあり、LPSAと関わることが殆ど出来なかったので、自分なりの色々考えた結果でした。

 動画配信は、約2年くらい続けたでしょうか。その間、視聴数を上げるために色々と工夫もしてきました。
 渡部愛3級をゲストに迎えたり、視聴者も参加できるようなコーナーを設けたり、公開型の収録にしたり。
 その他、テロップの導入から、ワイプの使用と技術的にも進歩を遂げてきました。

 そんな工夫を色々凝らしても、残念ながら視聴率はなかなか伸びない時期も。
 自分がプレゼンの資料を作って直接関係者に相談しに行ったり、時にはコーチングの意味も込めて、番組の打ち切りを匂わすこともしました。
 打ち切りを告げられた際には、宏美さんの表情が硬くなったことが読み取れ「本当は言いたくないけれど、これも私の役目なんです。」と心の中で謝ったこともありました。


 "Positive de GO"にはLPSAの広報的な意味合いが強く、バラエティ色があまり出せないことが一つのネックでした。私としては面白い番組を作って、そこで宣伝するから相乗効果が生まれると思っていたので、そこに限界を感じていました。
 それは宏美さんも同様だったようで、ある日このイベントについて声を掛けられました。

 「今度イベントをやりたいので、宜しければ協賛をお願いできませんか。」

 その場では、具体的に話が固まったら教えてくださいと伝えると、後日、宏美さんからイベントの詳細についてメールが届きました。驚いたことに、今回はLPSAは関わっておらず、宏美さんと島井さんだけで実現させようとしていたようでした。
 企画書は、イベントの内容が透けて見えるような素晴らしい出来で、なおかつ今まで将棋界にはなかった斬新なモノでした。「こういうイベントがあったら、自分だったら絶対行くだろうな」と直感的に共感し、ちょっと(かなり!?)頑張って協賛することにしました。

 トークイベントの第一部は真面目なお話。
 囲碁・将棋・麻雀界の仕組みから、各々の特徴が少しづつ浮き彫りに。
 三人の勝負師としての類似点も次第に伝わってきて、第二部プライベート編の布石となっていきました。 

 talk.jpg
 (トークイベントの様子)

 どうぶつしょうぎの対決では、対局者の真剣な表情が魅力。
 酔っ払ってる観客が「あーでもない。こーでもない。」と野次を飛ばす中、さらりとLPSAグッツの宣伝も入れており、自然な雰囲気の中、広報的にも機能していたと思います。

真剣な眼差し
 (緊張感溢れる表情が綺麗)

 全てのイベントが終了すると、出演者の挨拶。
 今までにない新しい試みに、緊張していたのでしょう。
 無事大盛況に終わったことに、皆さん充実感溢れる素晴らしい笑顔をしていました。

 last.jpg
 (総合プロデュース島井さんの挨拶)

 自分なりの応援を、自分の出来る範囲でコツコツと続けてきました。
 思うような成果が出なかったり、やりたいことができなかったりしましたが、無理せず続けてきたことが今回のトークイベントに繋がったと思うと、本当に良かったなと実感します。

 熱気溢れる会場の雰囲気。
 楽しそうにおしゃべりをする出演者。
 酔いながら笑顔で視線を送るファンの皆様。

 素敵な一日でした。

 私は大したことはしていないのですが、今まで色々と積み重ねた事もあり、このイベントに少しでも関わることができて感無量です。また機会があれば、参加したいですね!

 先輩と
 (一緒に行った先輩と。めっちゃ笑顔!)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。