コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

11-<< 12-/12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>01-
BLOGTOP » ARCHIVE … 2014-12-

コーヒーくん 将棋年鑑を並べる (相振り飛車その2)

 最近、書籍ばかり読んでいて棋譜並べはできていなかったのですが、ようやく一区切り付きました。今回は中飛車を中心とした相振り飛車を見ていきます。

 相振り飛車では中飛車は不利といわれ続けていましたが、最近では技術革新が進み、中飛車側でも有力戦法が現れました。ネット将棋でも時々相手にする、中飛車穴熊戦法です。先日アマチュアからプロ入りを決めた今泉さんも愛用していることで有名ですよね。

 今回並べた対局は通常の中飛車と合わせて9局。
 通常の相振り先手中飛車では1勝4敗。唯一の1勝も逆転勝ちといった感じで、やはり普通の形では作戦負けは避けられないようでした。
 
 流行りの中飛車穴熊はサンプル数が少なく4局。
 成績は2勝2敗とイーブンです。(先手で1勝、後手で1勝)
 先手でも後手でも穴熊に組めるのは、大きな魅力といったところでしょうか。
 やはり穴熊の固さが際立つ棋譜が目立ちました。

 それでは気になった棋譜を紹介。
 
○相振り先手中飛車
 竜王戦 川西アマ 高田戦 
 … 後手は向かい飛車で対抗。先手は金無双から石田流に。
   後手の△7四角が綺麗な攻防手で後手勝ち。
 順位戦 近藤 菅井戦
 … 先手一歩損のかわりに銀感に組む。
   後手飛車の横利きが消えた瞬間から急所を突いて勝ち

○中飛車穴熊
 順位戦 伊藤 大石戦
 … 先手中飛車、後手三間の相穴熊。序盤の差がそのまま広がる。
   後手△5三歩の返し技が光る。

 次はダイレクト向かい飛車かな?


 
スポンサーサイト