FC2ブログ

コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

03-<< 04-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-
BLOGTOP » ARCHIVE … 2015-04-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん  横浜にもどる ~次の一手 解答編~

 すっかり間が空いてしまいました。
 コメントを頂いた「俊さん」 ありがとうございました。
 ようやく解答編です。

〇第一問
 まずは問題図の再掲
次の一手(150405)

 途中寄せの段階で緩手を指し、どうやら入玉模様。
 ここで決めないと間違いなく捕まらない。

 ポイントは5六の金。
 囲いの金を崩してまで、攻めに参加しています。
 これを総合的に考えると…

 まずは▲7三桂成!と捨てます。これが詰めろ。
 よって△同桂の一手ですが、そこで▲6四金!
 ▲5六金がいないと△7五玉と逃げられてしまうのを確認してください。

 解答図 
次の一手解答(150405)

 解答図では二種類の詰めろが掛かっています。
 ギリギリですが、上手玉を捕まえる事ができました。

〇第二問 
 これまた問題図の再掲
次の一手(150405-2)
 
 飛車が抑え込まれてます。
 次に△7八角と打たれると攻めごまが、ボロボロ取られて攻めが切れてしまいます。

 そこでまず私は▲4六歩。(△7八角は▲4五銀で受かる)
 なので、上手はそれを消して△同歩に、▲5七金!(解答図)
 
 解答図
次の一手解答(150405_2)

 これで攻めが繋がりました。
 次の狙いは▲4九飛の飛車周りと▲6六金の桂取り。
 この手を見つけた瞬間、はじめ先生が仰け反ったのは随分自信になりました。
 本気を出してくれたんだなと、嬉しかったです。

〇参考棋譜
  第一問








  第二問







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。