コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

10-<< 11-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … コーヒーくん 危機を凌ぐ ~回答編~BLOGTOP » 指導対局 » TITLE … コーヒーくん 危機を凌ぐ ~回答編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん 危機を凌ぐ ~回答編~

 こんばんは。
 ようやく仙台への引っ越しが落ち着きました。

 段ボールの処分も終わり、テレビも新調。
 新しくネット回線も敷いて、面倒な手続き類もほとんど終わりました。
 あえて落ち着かない点を挙げるとすれば、震災で半壊認定をくらったマンション自体ですかね♪テヘ
 ジタバタしてもショウガナイデス。

 さ・て・
 すっかり時間の空いてしまった次の一手の回答です。
 コメントを下さった"プロは大変だなと思う人"さん、お待たせしました。

 私がここで指した手は▲2四銀!
 局面が収まってしまうと圧迫負けしてしまうので、攻めを続ける勝負手です。


  回答図1

 当然、上手は△同銀の一手に、▲5一角と打ち込んで銀取り。
 これも△2三歩と受ける一手ですが、そこでねらいの▲5四銀!


  回答図2

 △同金とすれば、銀二枚を損することになりますが、次の▲4二とが受けにくく下手が攻めきれそう。そこで上手も△2七角と打ち込んできましたが、▲4三銀成と成り込んで以下数手で下手勝ちとなりました。

 この手を指すのに、10分は考えました。
 指導対局としては異例の長考しただけあって、うまく自分の考えが纏りました。
 感想戦でもすこぶる感触が良く、気持ちのいい勝ち方ができた一局です。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

関東中年棋士のツイッターは関中門では

ほぉ

なるほど

流石の手順ですね。

あの銀が43にいければ相当ですね。

51角は五段の手ですね。

>プロは大変だなと思う人さんへ

銀を二つも捨てる計算になるので、随分悩みました。
5一角は出来過ぎですねー。流れの一環でこの手を読めたら五段はありそうですよね。
まだまだです。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。