コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

10-<< 11-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … コーヒーくん 4五歩早仕掛けをまとめてみた その2BLOGTOP » 未分類 » TITLE … コーヒーくん 4五歩早仕掛けをまとめてみた その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん 4五歩早仕掛けをまとめてみた その2

 まずはイメージの復習
 ・ 居飛車側に▲6八金型と▲6九金型の選択権がある。
 ・ 振り飛車側は▲2四歩に△同歩と△同角の選択権があるが!?
 ・ 早仕掛けはその性質上、銀桂交換になりやすい。 ← 前回はここまで
 ・ ▲6八金型には持ち桂を、好位置に据える変化で振り飛車戦える。
 ・ ▲6九金型には△5四銀の玉頭銀戦法が有力。
 ・ 玉頭銀戦法には、居飛車に▲5五歩、▲3七桂、▲3八飛の選択権。

 今回は、▲6八金型との戦いをもっと突っ込んでみていきます。
 居飛車の有力筋は三通り。いずれも前回の結果図から見ていきます。
 
〇前回から▲4五桂の変化
 持ち駒の桂で▲6八金型を直接咎められる。








 直接的に▲6八金型を咎められたので、別の選択肢を選んでみましょう。

〇▲3三角成の変化
 これも△5四桂と好位置に桂馬を配置することで振り飛車戦える。








 今まで二通りの攻め方を見てきましたが、
 相手に渡した桂馬が価値が非常に高いことが分かりました。
 そのため、桂馬を渡さない攻め方を模索します。

〇▲3三角成から単に▲2四飛と走る変化








 これが名局編で紹介した羽生・森内戦の変化ですね。
 感想戦で△6二金が有力だと結論が出て以来、定跡化しています。

 なお、大絶賛した渡辺・千葉戦ですが、端の付き合いが無いと成立しないため、
 定跡化するかどうかは未知の部分との記載も見つけました。
 おそらく▲4一金型の駒組みを絡めているんだと思います。
 このあたりは高度すぎるので、よほど時間が無い限り割愛で(笑)

 次回からは▲6九金型をみていきます。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。