コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

10-<< 11-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … コーヒーくん 24名人戦 6日目BLOGTOP » 24道場 » TITLE … コーヒーくん 24名人戦 6日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん 24名人戦 6日目

 夢の中まで詰将棋。
 コーヒーくんです。
 (難題な宿題に追われています。)
 
 さて、24名人戦 6日目。
 来週土曜に予定があるので、今週は数多く対局をこなす予定です。

 〇第十五局
 左美濃 対 四間飛車 ※反転推奨
 








 メタメタのメッタメタな一局。
 2筋を突破したところではこちらが良いはずなんですがね。

 ポイントはやはり46手目。ここは普通に△2八歩成で良かった。
 こちらの陣形があまり固くないため、飛車交換は不利かなと思ってました。
 でも飛車交換後に△2七飛と先着すれば、意外とバランスが良い陣形ですね。
 こちらは桂香が拾えるに対して、居飛車側は有効な飛車打ちのスペースがありません。
 
 本譜は急所の6筋の位を突き捨ててしまい、勝負所のない内容となってしまいました。

 〇第十六局
 石田流自爆の一局。
 








 いや・・・・・・
 光るセンスを見せつけて、華麗に捌いてやろうと思いましたが。。。
 
 △8六歩と突かれて、将棋は終了。
 △6一金型が効いてるんですよね。。。
 大きく気が動転して、飛車をタダで捨ててしまいました。 ヒドイネー ⊹⋛⋋( ՞ਊ ՞)⋌⋚⊹

 △8六歩以下 ▲同角 △同飛 ▲同歩 △7四銀 ▲8二飛 の変化も
 桂香で攻略できるポイントが見つからないので、全くの自信なし。


 〇第十七局
 筋違い角~相振り 相四間飛車 ※反転推奨
 








 出ました筋違い角。『あなたの角頭、空いてますよ。』 
 金で角を抑え込む駒落ちのような一局でした。

 ポイントは64手目。
 ここで先手は▲6四馬と銀を取っても詰めろじゃなーーい。
 なので△6八成銀と攻めるのが正解でした。
 二つ目の飛車も敵陣に成り込めるし、金無双は飛車に弱いし、良いことづくめ。

 本譜は▲6六金の影におびえ、守りに入ってしまったのですが、逆転模様。
 最後に再逆転できたので、勝てば官軍ですか。

 〇第十八局
 石田流本組 対 穴熊
 








 穴熊、堅いよ。
 
 相手が歩切れになるし、桂馬も捌けて勝負にはなるかなぁ、と期待したのですが、
 期待外れにも程がある!!

 そもそもの構想に問題がありましたね。
 こちらはダイヤモンド美濃から角の展開を目指すべき。
 ▲5七角型で飛車を間接的に睨んで、捌きを狙うべきでした。
 
 にしても、穴熊側から端攻めを喰らう、屈辱と言ったら無かったなぁ。

 〇第十九局 疲れてきました
 先手四間飛車 対 棒銀
 








 まず一言。 マナー良く指しましょう!
 こちらの局面が勝勢になった際に、二度の中断!
 詫びの言葉もなく、対局後は即去り。

 正直、〇〇〇差しを疑います。 
 要するに、こういうことだったのかと、体感しましたよ。

 というわけで、本譜はお仕置きの一局。
 ポイントは先手番なので9筋の歩を突かなかったこと。 だってヌルイじゃない。
 もっと積極的に行こうと、4筋の位を取りました。

 そこからは爆裂に捌いてやりましたよ。 ええ、それはもう!
 「こんちくしょう!」 というくらいの二枚飛車に、天王山の5五角!!
 止めに左桂でドッカンだ!!

 随分と手順が前後した内容書いてますが、まぁ極上の捌きです。
 ア・・・・アー・・・ティスト!? (小声で)

 〇第二十局  もうクッタクタ
 後手藤井システム模様 相居飛車 ※反転推奨
 







 
 相居飛車は難しいねぇ・・・。
 こちらの玉を見ながら相手を攻める技術が、とにかく必要。
 殴り合いはこちらも怪我します。

 とはいえ、将棋は大熱戦!
 感想戦は「熱戦すぎてよくわかりませんでした。」の一言のみ。
 うーーーん。 トレビアン。

 こちらが決定的に間違えたのは92手目の△6八銀。
 てっきり飛車で取るものだと思っていたのですが、ぬるっと▲8六玉。
 もう捕まらないですねぇ。。。

 ここは△7五歩で難解ながらも勝ちっぽい。
 こちらの飛車を縦に動かすと危険だったり、飛車金を渡すと危険だったり。
 △4四金と銀を取ると▲5三角が強烈だったり。

 色々制約がある中、随分と混乱していたようです。
 一番悔しかったのですが、この日、最も印象に残る対局でした。
 何より、居飛車の楽しみも少しだけ分かりましたからね。


 この日の成績は2勝4敗と負け越し。
 24名人戦は5位浮上も、対局数をこなしただけですからね。
 勝率は7位くらいです。 (一定数対局者のみですが。)

 6日目は随分と指したので、次からは少しリラックスして挑みたいと思います。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。