コーヒーくんの今夜も眠れない

勝てば高揚、負ければ悔恨。眠れぬ毎日。そんな私はコーヒーくん。

10-<< 11-/123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … コーヒーくん 点と線の大局観から次の一手 ~青葉将棋道場~BLOGTOP » 青葉 » TITLE … コーヒーくん 点と線の大局観から次の一手 ~青葉将棋道場~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーくん 点と線の大局観から次の一手 ~青葉将棋道場~

 どうも
 コーヒーくんです。

 先週末に青葉将棋道場に伺いました。
 相変わらず幸せな空間でしたね。
 
 この日は、目下13連勝の四段の学生さんと手合いが付きました。
 対局前に 「わかってるね!?」 と軽くプレッシャーを掛けたのですが・・・

 惨敗!  あいつ強えーよ

 その感想戦を、森内先生に加わっていただきました。
 本当に、本当に、贅沢です。 申し訳ないです。

 まずはこの局面。

 

 私は 「いやーうまく指したと思ってたんですが。」 と悔し紛れに呟いたのですが、
 森内先生は軽く笑みを浮かべて一言。

 「馬を作られて歩損なんだから、良いわけないじゃないですか(笑)」
 
 おー よしよし。 アマチュアのコーヒーくんは、ほんと可愛い事仰るねぇ。
 と言わんばかりの神様に見える森内先生。
 なんだかプロの母性本能くすぐってしまったみたい。 恥ずかしかったなぁ・・・

 確かに、この局面。
 じーーーっとみるとこちらが劣勢。
 というか、敗勢。

 どうしてこんなに大局観が狂ったのか。
 それは以下の局面で手ごたえを得ていたんですね。それが問題図。

 〇問題図

 170213 Question

 先手が7七の角を覗いた局面。(先後逆表示)
 この手がやや緩手だなと感じ取り、ペースを握ったと思ったんですね。
 そこからの流れで、こちらが優勢になったと勘違いしていたわけ。
 
 さて、ここからの正解手をお答え頂きたい。
 三手先を正確に読むことができたら、正解とします。

 腕に自信のある方は、その先も。(問題図から十三手程)
 「かなり振り飛車が良いですね。」
 と森内先生が太鼓判を押した局面になります。
 
 四段同士の対局に隠された変化なので、四~五段問題ですかね。
 ぜひ挑戦してみてください。
 最初の局面がヒントになると思います。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。